ONE PIECE

【ワンピース考察】ビンクスの酒はジョイボーイが残した伏線の唄!?

2022年3月18日

【ワンピース考察】ビンクスの酒はジョイボーイが残した伏線の唄!?

【ワンピース考察】ビンクスの酒はジョイボーイが残した伏線の唄!?

  • ①:ジョイボーイが最初の海賊で、眼帯をつけている説
  • ②:ジョイボーイの本名は「モンキー・D・ビンクス」説
  • ③:ラフテルの宝を手に入れるために必要なピースがビンクスの酒
  • ④:ビンクスの酒の意味は「ジョイボーイの実」
  • ⑤:ビンクスの酒は作詞:ジョイボーイ説
  • ⑥:ビンクスの酒は作曲:ブルックの祖先説

歌詞に散りばめられた伏線になりそうなキーワードは以下です。

散りばめられたキーワード

  • ビンクス
    • ①:ある巨大な王国の名前
    • ②:人の名前
    • ①:そのまんま酒
    • ②:特殊な鉱物「酒鉄鉱(きてつこう)」
    • ③:ゴムゴムの実の覚醒
  • ヨホホホ:ブルックの笑い方
  • 輪をかく鳥:光月家の家紋
  • ドラムならせ:解放のドラム
  • 明日も月夜:Dの一族は月の人?
  • 笑い話:ラフテル
  • その他(歌詞以外)
    • 第488話のサブタイトル:命の唄

『ビンクスの酒』は何のために、誰が作ったのでしょう。

①:ジョイボーイが最初の海賊で、眼帯をつけている説

筆者は「ある巨大な王国」は〝Dの王国〟で、ジョイボーイは〝Dの一族〟だと仮定しています。まずは「ある巨大な王国」のおさらいです。

ある巨大な王国とは

  • かつては強大な力を誇ったが、今はもう跡形もない
  • 空白の100年に連合国(現在の世界政府)によって滅びた
  • ある巨大な王国の情報は執拗なまでにかき消されている
  • その思想を未来へ託そうと歴史の本文(ポーネグリフ)を残した
  • 世界政府にとってある巨大な王国の「存在と思想」こそが脅威

〝歴史の本文(ポーネグリフ)〟を残した王国ですね。続けて「ジョイボーイ」のおさらいです。

ジョイボーイとは

  • 空白の100年(最低でも800年前)に実在した地上の人物(66巻649話)
  • 当時の人魚姫(ポセイドン)に魚人島との約束を破った謝罪文(ポーネグリフ)を残した(66巻649話)
  • リュウグウ王国には、いずれジョイボーイに代わって約束を果たしに来る者が現れるという伝説がある(66巻649話)
  • 当時、約束の舟ノアを使おうとした(66巻649話)
  • ラフテルに〝とんでもねェ宝〟を残した人物(96巻967話)
  • ワノ国はジョイボーイが現れる日までに開国せねばならない(96巻968話)
  • ジョイボーイはなれるらしい(100巻1014話)

ラフテルに〝とんでもねェ宝〟を残した人物です。ジョイボーイが〝Dの一族〟である最大の根拠が以下になります。

ジョイボーイとDの一族

  • 800年前のジョイボーイ:ラフテルに宝を残した〝D〟
  • ゴール・D・ロジャー:25年前ラフテルに辿り着くも、早すぎた〝D〟
  • モンキー・D・ルフィ:ラフテルの宝を手に入れる〝D〟

ロジャーがラフテルに辿り着くも早すぎて〝ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)〟を手に入れられず、ルフィが800年の時を経て手に入れる事を考えると、

その宝を残したジョイボーイもまた〝Dの一族〟なんですよね。

そう仮定すると『ビンクスの酒』はポーネグリフの〝歌バージョン〟という事です。

また、〝Dの一族〟のモデル(元ネタ)は「テンプル騎士団」だと考えています。

4つの共通点

  • ①:テンプル騎士団の歴代総長には〝de〟の名がついている
  • ②:テンプル騎士団の残党は「海賊」になり、モレーの遺骨が〝海賊旗〟の原点
  • ③:テンプル騎士団の残党は「石工職人」になり、後にフリーメイソンとなった
  • ④:テンプル騎士団が繁栄していたのは約800年前

20の連合国(現在の世界政府)に敗けた「ある巨大な王国」の生き残りの1人であるジョイボーイの足跡はこんな感じではないでしょうか。

ジョイボーイの足跡(予想)

  • ①:戦争に敗れ、海へ出て〝海賊〟になる
  • ②:「空白の100年」の歴史の真実と、王国の〝宝〟をラフテルに隠す
  • ③:同盟国に〝ポーネグリフ〟を、海賊に『ビンクスの酒』を残す

「テンプル騎士団」に借金をしていたフランスの国王・フィリップ4世は、テンプル騎士団を不当な弾圧によって滅ぼし、借金を帳消しにしたものの「テンプル騎士団が残した財産の1割ほどしか回収できなかった」という噂があります。

ある巨大な王国も「強大な力」を誇っていたようですからね。

41巻395話

かつては強大な力を誇った様だが その国の情報は執拗なまでにかき消されておる
クローバー

また、『ビンクスの酒』は海賊の舟唄です。ジョイボーイも海賊だった、または海賊になったという事でしょう。

3.海の唄
ビンクスの酒を 届けにゆくよ
我ら海賊 海割ってく
波を枕に 寝ぐらは船よ
帆に旗に 蹴立てるはドクロ
引用:ビンクスの酒

もしかしたらジョイボーイこそが〝あの世界の海賊の起源〟なのかも知れません。最初の海賊なら〝眼帯〟つけてるかもですね🤔

ワンパラ Vol.5

ONE PIECEという大きな物語の終盤、一度だけ、まさに〝眼帯の海賊〟が登場します。はやくそいつを描きたくてウズウズしてます。
尾田栄一郎

「OPとテンプル騎士団の共通点」が詳しく知りたい方は以下をどうぞ。

②:ジョイボーイの本名は「モンキー・D・ビンクス」

では、『ビンクスの酒』の〝ビンクス〟は何を意味するのでしょうか?

ビンクスとは

  • ①:ある巨大な王国の名前が「ビンクス王国」
  • ②:ジョイボーイの本名が「モンキー・D・ビンクス」

私の仮説が正しければ、ほぼ間違いなく、この2つのどちらかだと思います。

2-1:ビンクス王国説

「Dの王国」ならその名前も〝D〟から始まりそうなもんですが、テンプル騎士団の〝de〟が元ネタなら〝D〟に意味はありません。

その王国の「貴族」につく目印ってとこです。

とはいえ王国の名前だった場合、世界政府は知っているわけなので、ポーネグリフ同様、歌う事すら禁止されているハズです。現にクローバー博士は名前を言おうとしただけで、撃たれてしまいましたよね。

41巻395話

その脅威が何なのかは解き明かさねば わからんが全ての鍵をにぎる かつて栄えた その王国の名は(ドォン!!)
クローバー

しかし、ジョイボーイは歌にして残す事で時代が変わっても歌い継がれてゆく、と考えたのかも知れません。

〝ポーネグリフ〟と『ビンクスの酒』でリスクを分散したわけですね。ジョイボーイによるリスクヘッジです。

2-2:モンキー・D・ビンクス説

ジョイボーイが〝称号、受け継がれるもの〟である事が確定した現在、最も有力なのが「ジョイボーイの本名説」です。

ただの名前であれば必死に隠す必要はありません。現に世界政府は〝D〟は隠したけど、「ロジャー」の方は隠しませんでしたよね。

Dの家系

  • ①:モンキー家(ガープ・ドラゴン・ロジャー)
  • ②:ゴール家(ロジャー)
  • ③:ポートガス家(ルージュ・エース)
  • ④:ハグワール家(サウロ)
  • ⑤:トラファルガー家(ロー・ラミ)
  • ⑥:マーシャル家(ティーチ)
  • ⑦:ロックス家(ジーベック)

〝D〟であれば全員可能性はありますが、1番興奮するのは「モンキー」でしょう。ラフテルの「門にキー」をかけたのは本当なんでしょうか!?あんまり好きじゃない説です。笑

次に、『ビンクスの酒』の〝酒〟の前に、〝笑い話〟の方からです。

プロフィール

本記事は一部「103巻」の内容を含みます!

③:ラフテルの宝を手に入れるために必要なピースが『ビンクスの酒』

ロジャーはラフテルで、本当にあった〝莫大な宝〟を前に、笑いました。ロジャーだけでなく、レイリーもおでんも涙が出るほど笑いました。

96巻967話

ジョイボーイおれは……!!お前と同じ時代に生まれたかった とんでもねェ宝を残しやがって…!!!とんだ笑い話だ!!
なァみんな 800年誰も行きつけなかったこの「最後の島」にこんな名前をつけねェか? 〝ラフテル(Laugh Tale)〟と
ゴール・D・ロジャー

〝とんでもねェ宝〟自体が笑えるのか、〝莫大な宝〟が「笑える何か」によって手に入れられないのか。

結局ワンピースって、この「ラフテルに何があったら面白い?」というお題で、IPPON取れるかどうかの〝大喜利〟なんですよね。

同じく967話でラフテルを目指すロジャー海賊団も『ビンクスの酒』を歌っていました。〝ラフテル(Laugh Tale)〟の命名の由来は最後の一節からでしょう。

6.行く船の唄

ビンクスの酒を 届けにゆくよ
ドンと一丁唄お 海の唄
どうせ誰でも いつかはホネよ
果てなし あてなし 笑い話
引用:ビンクスの酒

また、103巻1043話で〝ドラムとジョイボーイ〟がリンクしました。もうズニーシャには聞こえちゃってます。

103巻1043話

モモの助…!!聞こえる……!!懐かしいな 〝解放のドラム〟が聞こえる 800年振りに聞く……!!間違いない そこにいるぞ ジョイボーイが…!!帰って来た!!!
ズニーシャ

完成版の歌詞より、最初の歌詞の方が意味ありげです。

4.嵐の唄

嵐がきたぞ 千里の空に
波がおどるよ ドラムならせ
おくびょう風に 吹かれりゃ最後
明日の朝日が ないじゃなし
引用:ビンクスの酒

ビンクスの酒(仮)

夜明けのドラムが聞こえる頃にビンクスの酒を届けるよ
尾田栄一郎

この歌詞は未発表なのでロジャーにもルフィにも歌えませんが、〝世界の夜明け〟には『ビンクスの酒』が必要、ロジャーに足りなかったピースは『ビンクスの酒』だったとも取れますよね。

ズニーシャのセリフと合わせると、こう考えられませんか?

ズニーシャの台詞とビンクスの酒

  • 確定:ジョイボーイが帰ってくると、解放のドラムが聞こえる
  • 考察:解放のドラムは世界に夜明けがやってくる合図
  • 考察:ドラムが聞こえる頃に、ビンクスの酒がラフテルに届く
  • 考察:ワンピースを手に入れると世界に夜明けがやってくる

つまり、ジョイボーイになってラフテルに行かないと〝ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)〟は手に入れられないって事です。

ロジャーは見つけたのに〝何らかの理由〟で手に入れられませんでした。世界をひっくり返すには、手に入れないといけないのです。

59巻576話

(前略)興味はねェが…あの宝を誰かが見つけた時……世界はひっくり返るのさ……!!誰かが見つけ出す その日は必ず来る… 〝ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)〟は実在する!!!
エドワード・ニューゲート

要するに、ジョイボーイは『ビンクスの酒』という曲を残すことで、こうヒントを出していたわけですね。

ラフテルにある〝莫大な宝〟が欲しけりゃ『おれの酒』を持ってこい、と。

ロジャー達が〝とんだ笑い話〟だと笑ったのは、ジョイボーイがくれたヒントを昔からみんなで歌っていたのに、ちっとも気づかなかったから、かも知れません。

では、『ビンクスの酒』の〝酒〟は何を意味するのでしょうか?これが1ばん重要で、1ばん難解です。

④:ビンクスの酒の意味は「ジョイボーイの実」

酒とは

  • ①:そのまんま酒
  • ②:特殊な鉱物「酒鉄鉱(きてつこう)」
  • ③:ゴムゴムの実の覚醒

今のところ考えられるのは、この3つくらいです。ラフテルの宝を手に入れるために必要な〝何らかの理由〟を考えていきます。

4-1:そのまんま酒

ビンクスをジョイボーイの名前だと仮定すると、「ジョイボーイが好きだった酒」になるでしょうか。1番海賊っぽいですよね。

ジョイボーイは無類の酒好きで、ラフテルに到達する頃には、酒も命も尽き果てた。宝が欲しけりゃ〝おれの大好きなあの酒〟を墓にかけな!宝箱が開くぜ。

みたいな事ですかね。「ただの酒乱じゃねェか!」とロジャー達はくだらな過ぎて笑ったのかも知れません。笑

とはいえ、また旅をやり直せば良さそうですよね。余命1年では間に合わなかった理由にはならなそうです。

4-2:酒鉄鉱(きてつこう)

ドレスローザから運んで来た武器に特殊な鉱物が含まれてたそうです!
コアラ

鉱物……?
モンキー・D・ドラゴン

〝酒鉄鉱〟って知ってます?産出国が限られているから もしかして武器製造の黒幕を割り出せるかもって…
コアラ

『ONE PIECE』の世界で〝酒〟と言えば、ルフィ達が登象している裏で明かされ、いまだ未回収な謎〝酒鉄鉱(きてつこう)〟です(80巻803話)。

現実世界には「黄鉄鉱(おうてっこう)」と呼ばれる〝硫黄と鉄〟が結びついた鉱物が存在するので、「酒鉄鉱」は〝酒と鉄〟が結びついた鉱物といった所でしょうか。

この「特殊な鉱物」で作られた武器(刀)でないと、ラフテルの宝が入ったバリアは壊せない(斬れない)・・・とかですかね。なんか『ONE PIECE』らしさがないですよね。

4-3:ゴムゴムの実の覚醒

1番有力なのは〝ゴムゴムの実の覚醒〟でしょう。

と言うか〝ゴムゴムの実の覚醒〟が「ジョイボーイになる条件」なのであれば、もはや〝ビンクスの酒 = ジョイボーイの実〟だからです。

回収される3つの謎

  • ①:ロジャーが持ち帰れなかった謎
  • ②:シャンクスがゴムゴムの実を持っていた理由
  • ③:政府が覚醒を恐れている理由

ロジャーがまた旅をやり直そうとは思えなかったのも、何処にあるか分からない悪魔の実を見つけて「覚醒」を待ってる時間はなかったから、と考えれば納得です。

とはいえ、直接的な原因は以下だと考えられます。

96巻968話

あの〝声〟はきっと「真実」誰かが生まれる そして おれ達を超えていく!!おれ達は…早すぎたんだ
ゴール・D・ロジャー

〝ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)〟か……… 誰が見つけるんだろうな
シルバーズ・レイリー

「おれ達は早すぎた」・・・ゴムゴムの実の覚醒には決められた「条件」、または「周期」が存在するのかも知れません。

また、同時に「シャンクスがゴムゴムの実を持っていた理由」「政府がその覚醒を恐れている理由」にもなりますよね。

では、なぜ「ゴムゴムの実の覚醒 = ジョイボーイになる条件 = 酒」なのか、です。

筆者は「ジョイボーイ化」すると、マリオの〝スター状態〟のような「無敵ルフィ」になるのでは?と考えています。

その名のとおり〝戦いを楽しむ最強の戦士〟です。1043話の〝引き(ラストカット)〟にも繋がりますよね。

その姿がまるで宴(酒)を楽しむように見えるのではないでしょうか。・・・こじつけですね。笑

⑤:ビンクスの酒は作詞:ジョイボーイ説

以上の説を肯定すると、『ビンクスの酒』の作詞はジョイボーイという事になります。

ポーネグリフには「空白の100年の歴史の真実」を古代文字で、ビンクスの酒には「ラフテルの宝を手に入れるヒント」を残し、〝世界の夜明け〟を後世に託したという所でしょうか。

本記事で考察したようにジョイボーイの正体が〝モンキー・D・ビンクス〟で「ルフィの祖先」、あの世界の〝海賊の起源〟だとしたら、こうなります。

海賊の歴史

  • 世界初の海賊:モンキー・D・ビンクス
  • 世界初の海賊王:ゴール・D・ロジャー
  • 未来の海賊王:モンキー・D・ルフィ

ビンクスは〝王国の名か、ジョイボーイの名か〟。興奮する方を選んだのですが、「自分の名前を冠した曲を自分で書く」ってよく考えたらヤバいですね。笑

では、曲を書いたのは誰でしょう。ブルックの祖先なら面白いです。

⑥:ビンクスの酒は作曲:ブルックの祖先説

曲の中でリフレインする「ヨホホホ」は海賊の掛け声「Yo-Ho」から来ていると思われますが、そのまんまブルックの「笑い方」でもあります。

ブルックは音楽家ですし、その祖先が〝ジョイボーイ(ある巨大な王国)〟と関係があり、頼まれて曲をつけたのかも知れません。

ポーネグリフは光月家、ビンクスの酒はブルックの祖先に、といった具合にです。良い曲でなければ歌い継がれて行きませんからね。

そう仮定すると、ブルックが麦わらの一味に加入する際に言ったセリフが意味深です。

昔 とある王国の護衛船団の団長を務め その後 ルンバー海賊団 船長代理〝音楽家兼剣士〟
ブルック

「ある巨大な王国」は800年前になくなってるんですけどね。

まとめ:ビンクスの酒に意味なんてない!?

『ビンクスの酒』をまとめつつ、歌詞の意味を考察してみました。

尾田先生自らが作詞しているだけあって、『ビンクスの酒』は〝伏線の唄〟なのでは?と言われて来ました。

実は〝ただの海賊の舟唄〟で、深い意味なんてないのかも🤔とも考えていましたが、1043話で「その説」は消えたように思います。

神様、もう少しだけヒントをください!

人気記事FODプレミアムに無料で登録する全手順を12枚の画像で解説!

人気記事【ワンピース】ファンブック(関連書籍)公式310冊まとめ

人気記事【ワンピース】に関する記事一覧【ONE PIECE最新まとめ】

-ONE PIECE
-,

© 2021 ブログの神様|THE GOD OF BLOG