ONE PIECE

【ワンピース】ファンブック(関連書籍)公式307冊まとめ

2020年8月10日

【ワンピース】ファンブック(関連書籍)公式241冊まとめ

ワンピースの総集編

【ワンピース総集編】THE LOG【既刊28冊+1冊】

コミックス4、5巻分を一挙に収録した総集編です。「週刊少年ジャンプ」本誌サイズで読めるので細かい発見を探すのにも最適です。

ただの総集編ではなく、ここでしか読めない企画ももちろん楽しめます。

  • ジャンプのカラーページ完全再現
  • 描き下ろしマンガ「麦わら劇場」
  • 描き下ろしエッセイ「連載ってワンダーランド」
  • マル秘ノート大公開「The Great Journey」
  • 「New World Report」
  • 「READERS'LOG!!」

また、2大特典「サイン入りポスター」「JC オリジナルカバー」「LOG シェルフマーカー」が付いてきます(特典内容は時期によって変わります)。

「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」が518ページのフルーカラーで読めます。総集編ではないです。

【ワンピース〝感動〟総集編】ファンが選ぶONE PIECE〝涙〟ベスト10!! 〜サバイバルの海 超新星編〜【既刊2巻】

ファンへのアンケートにて1位〜10位までを直前の流れも含めて2話分ずつ収録してあります。「ONE PIECE」の大きな特長である〝感動〟に特化した総集編です。

【ワンピースのスピンオフ】小説と絵本

【ワンピースの小説】ONE PIECE novel【既刊5巻】

「ONE PIECE novel」は「ONE PIECE magazine」にて連載された小説シリーズです。大崎和仁さんの描く「麦わらストーリーズ」は麦わらの一味を〝普通の人(モブキャラ)〟から見た9編の物語です。

ひなたしょうさんの描く「スペード海賊団結成篇」は、原作では語られることのなかった「エースがメラメラの実を口にするシーン」など、スペード海賊団・最初のクルー「マスクド・デュース」が語り部となって、エースの半生が描かれています。

これが「公式のエースの過去編」です。

浜崎達也さんの描く「新世界篇」は、「四皇との出会い」や「ジンベエとの死闘」「スペード海賊団を解散して、白ひげ海賊団への加入を決意するまで」が描かれています。

サッチや黒ひげ、シャンクスも出てきます。続編にも期待です!

坂上秋成さんの描く「LAW」はトラファルガー・ローの「コラソンとの死別」から「オペオペの実の能力で珀鉛病を克服」「ベポとの出会い」など「ハートの海賊団結成」までの物語です。

ファッションショーに出演するナミ、石版解読を手伝うロビン、ラブレター騒動が起きたビビ、ミホークと争うペローナなど、本編では見られないエピソード満載。加筆されたエピソードや、ファッショナブルな挿絵も必見です。

【ワンピースの絵本】ONE PIECE picture book【既刊2冊】

「ONE PIECE picture book」は「ONE PIECE magazine」にて連載された絵本シリーズです。

長田真作さんの描く「光と闇と ルフィとエースとサボの物語」は「ONE PIECE magazine」連載時より、大幅に加筆され書籍化された尾田先生も絶賛したという大人向けの絵本となっています。

トキタシオンさんの描く「ルフィの大冒険」は、「クイズ」「迷路」「間違い探し」など親子で楽しめるアドベンチャーブックになっています。

【ワンピースのスピンオフ】漫画

【主役はチョッパー】チョッパーマン【全5巻+1巻】

武井宏文先生の描く『チョッパーマン』はDr.ウソダバダ率いる悪の組織「ウソダバ団」の陰謀を打ち砕くべく、助手の「ナミフィア」と共に立ち向かう物語で、「ONE PIECE BLUE GRAND DATA FILE」に収録されていた、ルフィ海賊団の四コマ劇場「正義の味方〝チョッパーマン〟」が元となっています。

ちなみに、武井宏文さんは『シャーマンキング』の武井宏之さんの実の弟で、チョッパーマンはアニメ化もされました。

【主役はコビー?】ONE PIECE コビー似の小日山 〜ウリふたつなぎの大秘宝〜【全3巻】

なかまる先生の描く『ONE PIECE コビー似の小日山 〜ウリふたつなぎの大秘宝〜』は、コビーにそっくりな中学生・小日山くんが主人公のギャグ漫画です。

小日山くん以外にもONE PIECEに登場するキャラクターに似ている人物が多数登場します。ONE PIECEが大好きだからこそ楽しめるマニアックな小ネタ満載です。

ワンピースパーティー【既刊7巻】

『ONE PIECE』のアシスタントでもあった安藤英先生の描く『』ワンピース パーティー』は短編5本が収録された爆笑必至のギャグ漫画です。原作ではあまり登場しないキャラクターを含め、「キャラ崩壊」が乱発してます!

恋するワンピース【既刊8巻】

伊原大貴先生の描く『恋するワンピース』は、麦わらの一味と同じ名前をもった高校生たちの物語。原作のキャラクターも、似ているキャラクターも一切登場しない「革新的なスピンオフギャグ漫画」に仕上がっています。

「嘘風(ウソップ)の勝手にSBS」など、おまけページも本家並みに充実しています。

Fischer's × ONE PIECE 7つなぎの大秘宝【既刊3巻】

脂小路蝉麿先生の描く『Fischer's × ONE PIECE 7つなぎの大秘宝』は、「ONE PIECE」のマンガの中に吸い込まれた大人気YouTuber・フィッシャーズがフーシャ村から旅を始める物語。

原作と同じくらい(?)展開が気になるスピンオフ作品です。

CHIN PIECE【全2巻】

『ONE PIECE』のアシスタントでもあった天望良一先生の描く『CHIN PIECE』は、モンキー・D・ルフィに憧れるただのファン「チンピィ」がゴム人間のように体のある部分を伸ばして戦う珍冒険。一体どこが伸びるのでしょう?

ONE PIECE学園【既刊3巻】

小路壮平先生が描く『ONE PIECE学園』は、転校してきたコビーを不良のクリークからルフィが守るところから始まる「ONE PIECEの学園コメディ」。「CHIN PIECE」同様、これからが楽しみなスピンオフ作品です。

食戟のサンジ【全4話】

料理マンガ『食戟のソーマ』の作家陣(ストーリー:附田祐斗、作画:佐伯俊、協力:森崎友紀)が描く『食戟のサンジ』は、サンジを主人公とした読み切り作品です。

第1話はサンジがルフィ達と出会う前のバラティエでのエピソード、第2話はゴーイング・メリー号時代のエピソードとなっています。本誌には尾田先生の直筆イラスト&コメントも掲載されました。

えっ!?附田さん、佐伯さん、森崎さん 美しいONE PIECE、ありがとうございます!!(アニメ化希望)
尾田栄一郎(週刊少年ジャンプ2018年34号)

前述のとおり、『食戟のサンジ』の第1話は「巻スピンオフ(最強ジャンプ 2018年11月号)」にも収録されています。

また、『ONEPIECE.com』の附田先生のインタビューはこちらをどうぞ。

ONE PIECE COVER COMIC PROJECT【全2話】

さまざまな作家が『ONE PIECE』をカバーする「『ONE PIECE』カヴァーコミックプロジェクト」。

第1弾は、『Dr.STONE』のBoichi先生が描く「ロロノア・ゾロ、海に散る」で、『ONE PIECE』の第51話と52話の「ゾロ vs. ミホーク」を再現した46ページの読み切りです。

第2弾は、『ニセコイ』の古味直志先生が描く「ビビの冒険」で、第214〜216話の「アラバスタ編」のラストを49ページで再現しています。

こちらはコミックス化はされていませんが、いつかまとまって出そうですよね。

また、Boichi先生は小説『ONE PIECE novel A』のコミカライズ版『ONE PIECE episode A』も『ONE PIECE magazine』にて連載中です。

次のページへ >

-ONE PIECE
-

© 2021 ブログの神様|THE GOD OF BLOG