iSara

【iSara5期/Day 11】WEB広告の基礎講座

WEB広告の基礎講座

バンコクにてノマドエンジニア育成講座のiSara5期に参加中の(@HEBOCHANS)です。

Day 11-2コマ目は「WEB広告の基礎講座」です。

テーマはネットで生きるなら知っておくべきことです。

担当講師:ケースケ (@Keisukexlife)さん

WEB制作とWEB広告は切っても切り離せない関係とケースケさんは言います。

WEB広告もなんだか難しい印象ですが、この講座のゴールはクライアントに聞かれて答えられる最低限のレベルです。

TOTO

正解はGoogleが教えてくれる。

GIGLIO

“神”のみぞ知る。

Day 11講義内容

  • ノマドの生き方とビジネスマナー
  • WEB広告の基礎講座

この記事は以下のような方にオススメです。

  • iSaraに興味がある。
  • 応募したけど落ちた…。次こそは!
  • WEB広告ってナンデスカ??

1. WEB広告の仕組み

テレビ広告はマスにリーチできる

WEB広告費用を限界まで使っている大企業が、別チャネルの選択肢としてテレビCMを使います。

WEB広告はピンポイントでリーチできる

  • “バンコク”で検索している人。
  • キットカットの新作ニュースを読んでる人。
  • Facebookページにいいねしている人。

上記のように対象にピンポイントでリーチできるので、テレビCMのようなマスにリーチする広告と違ってコスパが高いです。

2. WEB広告の種類

以下5つを知っておけばWEB広告に詳しい人です

  1. 検索連動型広告
  2. リマーケティング広告
  3. ディスプレイ広告
  4. SNS広告(Facebook, Twitter, Instagram, YouTube)
  5. EC内広告

①検索連動型広告

検索エンジンで一般ユーザーが検索したキーワードに関連した広告を検索結果画面に表示する広告(テキスト形式)である。(サーチエンジンマーケティング)

企業が一番使う広告。

自社のサービスを使う可能性のあるユーザーがどんなワードで検索しているかを把握するものです。

どの検索エンジンを使えばいいかクライアントに聞かれた時は「Google」か「Yahoo!」でOK。

ちなみにYahoo!もGoogleの検索エンジンを使っています。

  • Extract People also search phrases in Google
  • SimilarWeb

プラグインやWEBサービスで調べることができます。

Extract People also search phrases in GoogleはChromeの拡張機能で、サジェスト(予測変換)を一度に取得できます。

SimilarWebはサイト(自分のサイト以外でも)のアクセス数や滞在時間などを調べることができます。

いわばGoogleアナリティクスの他人のも見れるやつです。(←そのまんま)

答えはGoogleが教えてくれます。

②リマーケティング広告

リマーケティング広告とは…「あなたのサイトを訪問したけれど、何らかの理由と経緯で去ってしまった人を追いかけていく広告」です。 そこからもう一度来訪してもらい、コンバージョンにつなげるのです。 マーケティング執念による産物といえましょう。

一度サイトを訪問してくれたユーザーを対象としているので、一番コスパの高い広告です。

③ディスプレイ広告

Webサイトやアプリ上の広告枠に表示される画像、動画広告やテキスト広告のことです。 バナーで表示されることが多く、「バナー広告」と呼ばれることもあります。

クリスマス等のイベントやキャンペーンのマーケティングに最適。

他にアドセンス(ブログの内容に関わらず自分が普段、何を検索しているかによって広告が変わる)もディスプレイ広告に入ります。

需要喚起に使う広告です。

ケースケさんオススメの書籍は、

④SNS広告(Facebook, Twitter, Instagram, YouTube)

Social Networking Service(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の略で、主にFacebook、Twitter、InstagramなどがメインのSNSツールです。

商品によってはGoogleよりコスパが高い。

基本的にはGoogle, Yahoo!, Facebookすべてに広告を出し、合うものだけ残すのが正解。

本を10冊読むより、実際に広告を出す方が勉強になります。

1冊だけ読むとすれば、ナンダカンダFacebookが最強!ということで、ケースケさんオススメの書籍はちょっと古いですが、

⑤EC内の広告

Amazonや楽天などのECサイト内に表示される広告のこと。

単純にECショップの売上を伸ばしたい人はココ。

Amazonで一番に表示される商品は、Amazonに一番お金を払っているということ。

3. WEB広告業界の相場費用

運用費の20% + 初期費用約10万

業界相場が決まっています。

初期費用は会社によって変わります。

WEB広告は楽して稼げる

仮に月100万の広告費用を受注したら運用費(収益)は20万。

かかる時間は8時間くらい。

初月は設定が面倒ですが、WEB広告は割と稼ぎやすい分野です。

一度広告運用を始めた企業は辞めたら売上が下がるので、辞めない。

WEB広告受注はWEB制作の次に考えても良い分野かもしれません。

4. WEB広告の実データを公開

Googleアドワーズの実データを見せてもらえました。

完全オフレコになります m(_ _)m

5. 広告運用スキルを身につける方法

  1. 適当なアフィリエイト商材を探す。
  2. 実際に広告を売ってみる。
  3. 成果を分析しつつPDCAを回す。

リスティング運用は実践から学ぶのが一番早いです。

リスティングが好きな人、SEOが好きな人は分かれるので興味のある人でOK。

難易度高めなので勉強と割り切り、予算を出すこと。(最初は1万円〜でOK。)

自腹を切って学ぶジャンルなので希少性高めです。

>> プログラミングスクール「iSara」に興味のある人が最初に見るべきブログ

まとめ

ここまで読んでいただいた方には大変申し訳ないのですが、同期のホクト (@tomadip)さんの記事の方が断然、良くまとまっています!笑 歯が立ちません!笑

なので貼っておきます。

おわり

プロフィール

Live A Life You Will Remember!

資料請求はこちら