iSara

バンコク(タイ)で歯医者に行ってきた話【国民健康保険も使える!】

SMILE ROOM

ノマドエンジニア育成講座のiSara5期に参加した(@HEBOCHANS)です。

タイで歯医者さんに行ってきたのでシェアします。

海外で歯の治療を受ける上での不安は以下かと思います。

  • 技術面
  • 衛生面
  • 言葉の問題
  • 保険はきくのか?
  • 料金
TOTO

渡タイの際は

GIGLIO

歯医者も検討されてみては?

きっかけはユーキさんのこのツイート

ユーキ (@yukithaihalf)さんの記事を書いていて、偶然見つけたこのツイートがきっかけでした。

そしてユーキさん行きつけの「SMILE ROOM」に連れて行ってもらいました!

タイで歯医者に行くメリット

なんと言っても「1日で可能な限り治してくれる」という点です。

タイに着くとすぐに気づくと思いますが、矯正をしている人がすごく多いんですね。

それだけ医療が発達しているということです。

SMILE ROOMの場所

iSara生の宿舎「ZZZホステル」から徒歩5分程です。

でっかい高校のすぐ先です。

ここなら現地講座期間中でも通えますね。

Googleマップではダンス教室になってますがココの1階です。


他にも歯医者さんは、この通りだけで4軒はありました。(ZZZホステルからハッピーアベニューの間だけで。)

SMILE ROOM dental clinic

  • 営業時間:10:00 – 20:00
  • エアコン完備。(ブランケット有。)
  • フリーWiFi有。
  • ウォーターサーバー有。
  • 新しくて超きれい!
  • トイレで歯磨けます。
  • 虫歯の治療以外にも「矯正」や「インプラント」も対応可。
  • Facebookページ

衛生面は画像で分かる通り、余裕でクリアですね。

僕が日本で通っていた昔ながらの歯医者さんよりきれいでした。

言葉は通じるの?

ユーキさんに連れて行ってもらったのは初日だけで、あとの2日は1人でしたが英語の話せない僕でもGoogle翻訳のおかげで何とかなりました。

ただ、できれば日本語が通じるに越したことはないですよね。

日本語OKな歯医者さんもタイにはあります。(後述)

国民健康保険が使える

条件は以下、

  • 受診時に国民健康保険に加入している。
  • 治療目的の渡航ではない。
  • 日本国内で保険適用となっている医療行為である。

申請に必要な書類(僕の場合)

  1. 国民健康保険証
  2. マイナンバー
  3. 身分証明書
  4. 世帯主の印鑑
  5. 世帯主の口座番号が分かるもの(通帳など)
  6. 診療内容明細書(Form A)
  7. 領収明細書(Form B)
    歯科診療内容明細書(Form C)
    └ 日本語の翻訳文
  8. 調査に関わる同意書(海外療養費)
  9. (医療機関に治療費を支払った)領収書の原本
  10. パスポート・航空券(渡航した事実が確認できるもの)

 その他注意事項

  • 日本で同等の治療を受けた場合の料金と比べて、安い方が適用される。
  • 治療を受けた日の翌日から2年以内に申請すればいい。
  • 申請をしてから約3ヶ月後の月末に支給される。

以下に紹介するユーヘー神 (@katayamada_Y)さんのブログを参考に、SMILE ROOMでは「領収書」「診断書」を英語で記入してもらい帰国しました。

帰国後、市役所に行ってきたのですが、2年以内にまたタイに行くようであれば貰った書類 (Form A,B,C)に直接記入してもらった方が早いということで、まだ申請は済んでいません。

無事申請が済んだら追記します。

参考ブログ

外国人対応クリニックの料金相場

結果発表

10年振りの歯医者さんでしたが、

初日(17時過ぎに行った)に上の歯を4本治療。

2日目に下の歯を1本治療&クリーニング&2本抜歯。

3日目に下の歯を2本抜歯。

その日に帰国しました。笑

さすがに1日で4本抜歯すると、大変なことになるから2日に分けただけなので、初日にもっと早く行けていれば、2日で終わらせてくれたでしょう。

気になる料金は?

初日が3,700バーツ。

2日目が7,500バーツ。

3日目が3,000バーツ。

合計で14,200バーツ。

1バーツ3.5円とすると約49,700円になります。(薬代含む。)

まとめ

結局3日かかったのなら日本で行けば良かったんじゃないか?

という考えもよぎりましたが、

現在、日本で1本の歯(根幹/神経治療)に5日通っていて歯医者さん曰く、

「あと何回で終わるか言えない。」

状態だそうなので、本当にタイで行っといて良かったと心底思います。笑

>> プログラミングスクール「iSara」に興味のある人が最初に見るべきブログ

ビザを延長したい方へ

せっかくタイに来たのだから、限界まで居たい!という方は我らが同期で世界一周を成し遂げた男・アッキー (@Kurohune13)さんの以下の記事でビザの延長(合計60日間の滞在)がカンタンにできます。2016年の記事ですが、2019年4月でも通用しました。

補足としては、銀行もあるので日本円 → タイ・バーツへの換金もここで出来ます。

フードコートやセブンイレブンもあるので食事もできますよ。

おわり

プロフィール

Live A Life You Will Remember!

資料請求はこちら