iSara

【iSara5期/Day 14】人生で最大のチャンスに巡り合う方法とその掴み方

人生で最大のチャンスに巡り合う方法とその掴み方

バンコクにてノマドエンジニア育成講座のiSara5期に参加中の(@HEBOCHANS)です。

Day 14-2コマ目は「人生で最大のチャンスに巡り合う方法とその掴み方」です。

この講座のゴールは「人生でチャンスに巡り合う回数とそのチャンスを掴み取る可能性を最大化する」です。

担当講師:ユーキ (@yukithaihalf)さん

なんと、これがユーキさんにとって初めての講座になります。

iSara運営陣の中で一番ミステリアスな男のプロフィールがこちら

  • 現在27歳
  • 19歳までは月14,000円の超貧乏生活
  • アフィリエイトで大学時代に億り人に
  • 今でもアフィリエイトから数百万
  • 資産運用で月100万
  • 土地の合計資産1億
  • お母さんの借金1千万を一括返済

ビジネス経験やスキルは全くないと言います。

ビジネス経験やスキルは全くないと言い切ります!

TOTO

ユーキ一族はNatural Born Giver

GIGLIO

日本よ、これがiSaraだ!

Day 14講義内容

  • 爆速コーディングのコツ
  • 人生で最大のチャンスに巡り合う方法とその掴み方

この記事は以下のような方にオススメです。

  • iSaraに興味がある。
  • 応募したけど落ちた…。次こそは!
  • 億り人になりたい。

チャンスは全てGIVEから生まれる

“自分さえ良ければいいと思う人ばかりの世の中で、相手のことを本気で考えられる人こそ成功するべき”

チャンスを掴むまでのステップ

  1. 目標と期限の設定
  2. 継続し続けることはどうしてこんなにも大切なのか?
  3. 人に認められるレベルになる。
  4. 情報交換
  5. チャンスをモノにする。

この5ステップの順番は必ず守ること!

①目標と期限の設定

目標は長・中・短期で分ける

  • 短期:毎日◯◯する。
  • 中期:今月◯万、来月◯万稼ぐ。
  • 長期:◯◯のような◯◯になりたい。

ビジネス書を読むことで「やる気」は出ますが規模や国が違うと想像しにくく、また「そのやる気は保存できない」のでたちまち通常モードに戻り行動が伴わなくなります。

iSaraに参加しても「日本に帰ったらモチベーションが下がる。」などは”あるある”ですよね。

目標は細かく設定しましょう。

口に出す言葉も注意しよう

  • ダメな言葉
    └ 〜でいいや、〜で満足、とりあえず。
  • 良い話が入ってきた時に他人に自慢するとダメになる。
    └ めっちゃ稼げそうな話が入ってきたんだよね〜 → 結果が出るまで気を緩めず我慢するべき。

今回このブログを書くにあたりユーキさんのツイートをとことん深掘りしましたが、記事を書きまくった過去があるからか、ユーキさんの「言葉のチョイス」はちょっと神がかってます。

「言霊」なんて言い方をしますが、「エネルギーを無意味に発散してしまう。」という発想はありませんでした。

四の五の言わず「行動あるのみ」ですね。

②継続し続けることはどうしてこんなにも大切なのか?

10,000時間ルール

イギリスのジャーナリスト「マルコム・グラッドウェル」が著書「Outliers」で提唱した「1万時間の法則」です。

その業界(ビジネスでもスポーツでも)で活躍するには、まず3年本気で努力することです。(1日9時間計算)

「石の上(で行動しまくって)にも3年」ですね。

まずは1,000時間

まずは1,000時間が最低ライン。

大半の人が、この最低ラインもクリアできずに挫折してしまいます。

特にビジネスにおいてこの期間は1円にもならないどころか、初期投資・勉強代・交通費などでマイナスになります。

「ブログ」や「プログラミング」が良い例ですね、勝手にライバルは消えていきます。

「ライバルはいつだって昨日の自分」です。

やる気がないと言うヒマがあるなら手を動かす

やる気なんて一瞬で消えてしまいます。

辞めるのがもったいないと思うレベルまで、まずは手を動かし続けることです。

継続するコツ

  • ストレスを爆発させないこと。
  • 目標を達成した自分を常にイメージする。
  • たまには自分にご褒美をあげる。

生活レベルは決して上げず、たまに高級ホテルに泊まる等して「自分にご褒美をあげたり」「成功した自分をイメージする」ことも大切です。

それこそ東南アジアでなら「掛けた金額以上の優雅」を味わうことも可能です。

同じ志を持つ仲間を作る

  • 悩みを理解してくれるので、辛い時に心の支えになる。
  • 同じレベルからスタートした人が結果を出せば、自分にもできると思える。
  • 一緒に成長できる。

付き合う人は「目標が高い人」「ひたすら努力している人」「ポジティブな人」にしましょう。

「iSaraに参加すること」の意義がまさにこれです。

フリーランスやノマド仲間が一気に20名以上増えるなんて(講師や先輩を入れたらもっと)日常生活では中々ないはずです。

③人に認められるレベルになる(人に気に入られる)

  • ビジネスの世界では能力があるかどうかで多くの人は付き合い方を変える。(悲しい事実)
  • コネクションもこの段階で作り始めることができる。
  • 承認欲求が満たされ自信がつく。

人に気に入られるテクニック

「影響力の武器」の中の「人を動かす6つの武器」の中に“好意”があります。

  • 褒める。
    └ 恥ずかしがらずに褒める。
  • 同じ業界でめちゃくちゃ努力する。
    └ 同じゴールを目指す仲間だと思われる。→ iSaraの同期が毎回仲良い理由がコレ。

「あなたを超えてみせる!」より「あなたみたいになりたい。」と好意を見せる方が気に入られます。

他にメンタリストのDaiGoさんの書籍もオススメだそうです。

人に会う上での注意

何の努力もしていない時点では会いに行かないこと。ただのファンだと思われたら終わり → 何も始まらない。

Day 7「フリーランスの成長ロードマップ」のマナブさんが萎えた話にもあったように「スゴい人に会いに行くのは努力した後の話」です。

④情報交換

ネット上の情報だけで稼げるのか?

結論から言うと稼げます。

しかし、ネットに情報が流れている。= すでに稼ぎ切られているので「億り人」にはなれません。

  • 自分で調査して研究する。
    └ 継続すれば発見できる可能性がある。→ ただし先見の目が必要。
  • 同業者から情報をもらう。
    └ ただしタダではもらえない。→ ユーキさんはこのパターン。

チャンスを掴むためにはGIVERになるべき

  1. GIVER:人に惜しみなく与える人
  2. TAKER:真っ先に自分の利益を優先させる人
  3. MATCHER:損得のバランスを考える人

上記の中で「最も成功するタイプ」と「最も成功しないタイプ」はどれだと思いますか?

答えは両方とも「GIVER」です。

正確には、

「最も成功するタイプ = GIVER(他者思考)」

「最も成功しないタイプ = GIVER(自己犠牲)」です。

GIVER(WINNER)になるために

  • 他人の成功を喜べる人になる。
  • 人生を本気で生きている人の助けは進んでした方が良い。
  • 意義のあるGIVEをしよう、意義のないGIVEは消耗するだけ。
  • 計算してGIVEするか判断しないこと。

「意義のあるGIVEをしましょう!」

意義のあるGIVEは継続できます。
感謝されることが幸せになるので、長い目でGIVEできます。

フリーランスの納品などがそれですね。

意義のないGIVEは継続できません。
幸福を感じないので燃え尽きてしまいます。

ブラック企業で働くなどがそれにあたります。

GIVERであることは、100メートル走では役に立たないが、マラソンでは大いに役に立つ。 – 起業家 チップ・コンリー

「計算してGIVEするか判断しないこと」です。

見返りを求めないGIVEこそが人の心を掴みます。

TAKERは見返りを求めているのでGIVEに違和感があり心に残りません。

「短期的に見たときにはTAKERが成功を収め、長期的に見たときはGIVERが成功します。

(※GIVER = YESマンになることではありません。)

情報交換の重要性

「人を動かす6つの武器」の中に“返報性”があります。

「1軒目出してもらったから2軒目は俺が出すわ!」

がまさに、それです。笑

ユーキさんの場合は先輩アフィリエイターに「聞いたら何でも教えてくれる頭おかしいヤツ」と言われるくらいGIVEしまくったおかげで「サイトM&A」の情報をもらい月3600万稼ぐことができたそうです!

相手を褒めることで「自慢話を聞き出した」ことも功を奏したようです。

「影響力の武器」は必読ですね。(iSaraハウスにも置いてあります。)

⑤チャンスをモノにする

  1. 目の前にあるモノがチャンスなのかトラップなのか → 継続の部分で決まる。
  2. リスクとリワード(報酬)を考える。
  3. 最後の最後は感覚。

最後の最後でめちゃくちゃ不安になるが、イケると思ったら思い切って決断すること!

なぜならそれがあなたにとって「最後のチャンス」かも知れないから、です。

Natural Born Giver ユーキ

ユーキさん本人の意向でこのブログには「具体的なエピソード」は載せていません。

理由は「アップデートできないから。笑」です。

たしかに実際にあったエピソードはネタバレしたら終わりなので、ユーキさんやユーキさんのご家族の「GIVEエピソード」を聞きたい方はまずはiSaraにご応募ください。笑

ユーキさんは講座内外でも1聞いたら1億話してくれる生粋のナチュラル・ボーン・ギバーなので(時間を使わせて申し訳なくなるくらい)ぜひその耳で直接聞いてみてください!

5期生の中には「こんな良い人が地球上に存在するのか。」大号泣した人もいます。笑

こんなアツい講義が最終日の前日にあったら無理もありませんよね。

日本人の記憶にも新しい「サッカーチームの少年13人とコーチが洞窟に閉じ込められた事件」でもユーキさんのお母さんはGIVEしています。

お母さんの血がそうさせるのでしょうか。

ユーキさんは人生においてGIVEし続けてきた

  • サイトM&Aを成功させた裏側。
  • ミャンマー人にネットビジネスのノウハウと30万のPCをあげた話。
  • シェアハウス(iSaraハウス)の利益を求めず建てた。
  • エネルギー事業の裏側。(冒頭のツイート)

ぜひその耳で直接聞いてみてください!

iSaraを通して実現したいこと

  • 困ってる人を進んで助ける人が集まるコミュニティ。
  • 卒業生には精神的余裕を持って欲しい。→ 余裕のない人にGIVEして欲しい。

iSara現地講座期間中のチーム制の導入もGIVEの喜びを知ってほしいから、だそうです。

ユーキさんにとって1番嬉しい言葉は「iSaraに来て人生が変わりました。」だと言います。

iSaraにはGIVERしかいません。

その理由をユーキさんに尋ねると

「TAKERは居心地悪くて自分から去っていく」

と返ってきました。

iSara卒業生たちのGIVEエピソードも目次だけ載せておきます。

が、これはこれからもっとアップデートされる(増えていく)でしょう!

これまた直接聞いてみてください!ごめんなさい m(_ _)m

資料請求はこちら

まとめ

  • 人間的安定。
  • 世の中には本当の悪人は存在しない。(サイコパス除く)
  • 長い目で見ると良いことしかない。(人生はマラソン)

心に余裕が生まれると「悪いヤツも良い人に変わる。」というのはマジであると思います。

ユーキさんの親族の実際のエピソードにもありました。

そもそも「心に余裕がないと、このGIVEの話自体が素直に入って来ない。」かもしれません。

GIVER = “心に余裕のある人”
今日からみんなもGIVERになろう!

バズりにバズったユーキさんのプロフィール記事です。

このブログとこのプロフィール記事を読めば、あなたはGIVERにならざるを得ません!笑

My Favorite Give

最後にユーキさんのツイートの中からMy Favorite Give「MFG」をご紹介いたします。


iSaraイチ、ミステリアスな男の正体は「超良い人」でした。

僕はこの人が大好きです!

おまけ

ユーキさん、ショーへー (@showheyohtaki)さん、ゆーゆー (@yuukmort)さん3人のユニット「TEAM SS」のGIVE動画もシェアします。

肝心のユーキさんがいない。笑


>> プログラミングスクール「iSara」に興味のある人が最初に見るべきブログ

おわり

プロフィール

Live A Life You Will Remember!

資料請求はこちら