iSara

【営業編】iSaraケースケさんの有益ツイートまとめⅠ

営業編

ノマドエンジニア育成講座のiSara5期に参加した(@HEBOCHANS)です。

iSara5期の現地講座ではケースケ (@Keisukexlife)さんの授業が30講座中15講座と半分を占めていたので、ケースケさんを深掘りした記事が書けていませんでした。

「iSaraに参加したい!」と思った人達は

プログラミングとは別に「稼げるスキルを手に入れよう」というコンセプトに惹かれた(納得できた)からではないでしょうか?

今回はそんな営業神・ケースケさんのツイートを全て遡った僕が「営業」に特化した有益ツイートをまとめつつ、人生において「営業がいかに重要か」について書きました。

TOTO

ケースケさんにとことんハマらない男が

GIGLIO

ケースケマニアと化して書きました!

この記事は以下のような方にオススメです。

  • iSaraに興味がある。
  • 応募したけど落ちた…。次こそは!
  • 営業ってそんなに大切?

営業力 × スキル


何を隠そう僕も「営業をしたくない人」でした。

でもそれは「経験がないから」です。

だからこそ「正しいアプローチ法」をiSaraで学びたいと思いました。


この一連のツイートを見て、営業力を無視できる人がいるでしょうか?

営業力は時代の変化にも対応の利くスキルです。

営業力こそ最強スキル


人と人のコミュニケーションはなくならないと思います、たとえAI時代になっても。

むしろ生活が自動化した時こそ、人はより人を求めるのではないでしょうか。

「この人から買いたい」と思わせる力こそ営業力ですよね。

人生は営業


まずは「営業力」というスキルを身に着けて、それに別スキルを掛け合わせていけば良かったんですね。

みんな逆なんじゃないでしょうか?

これはもっと早く知りたかった。

全てのスキルの土台になるのが営業力


これは最初の講座で出てきた基本となる重要な考え方です。

言葉のスキル

言葉のスキル = 「話す」だけでなく「書く」

さらにそれを「残す」ことによって仕組みの自動化もできる。

これは朗報です!

即レスこそ神スキル


「即レス」ってカンタンそうに見えてなかなか出来ないものだと痛感しています。

だからこそ徹底するだけで今スグ、誰でも差別化を図れるスキルです。

営業が怖いなら

営業は苦手だった


苦手なことに挑戦することで人生をイージー化できるかもしれません。

「苦手」を「武器」に変えるなんてカッコ良すぎです。

営業力を鍛える方法


特に「うなずく回数を増やす」はiSaraの方々に共通したある種、癖になっている気がします。

それにしても、ホールに出られないケースケさんなんて想像もつきません…。

そもそもファミレスでバイトしてる姿が想像つきませんが。笑

コミュ力 < ロジック


デザインと同じでセンス(生まれつき持っているモノ)ではなくロジックだと知っていれば努力次第で何とかなるかも、と思えます。

マインドセット


僕は女の子に対してはこのマインドセットをすでに持ち合わせているので、それをビジネスに置き換えれば良いだけのようです。笑

ロッキーのテーマ


「音楽でテンションを上げる」というのは効果バツグンだと思います。

おまけに、映画音楽ならアクションモノを観た後、映画館を出る時の「あの強くなった感」のおかげでしょう。笑

「ロッキーのテーマ」でなくても、人それぞれ既に「自分のテーマ」があるかもしれませんね。

自分と合わない人には売らなくていい


「自分と合わない人」を早めに見極めることがお互いのためになります。

何より無理に売ろうとする方が逆効果と分かっていれば、精神衛生上も良いですよね。

どこで戦うかが大事


まずは「自分にとっての砂漠探し」から始めてみようと思います。

情報格差があるところで営業する


「その世界で専門家になる。」ということですね。

その方が単価も高くなるし、ハッタリも効きます。

たとえ「井の中の蛙」でも「その井戸」をたくさん作り続ければ、食いっぱぐれることはなさそうです。

15秒で自分の仕事を説明できるか?


「15秒でサラッと自分を説明できる型」を作っておけば良いんですね。

それなら自分にもできそうです!

ベルフェイス


元のツイートでベルフェイスの村地 (@ippei_murachi)さんが仰っている

「決裁者と話す。」

「相手が決裁者でなければ初回の商談相手を共犯化する。」

は、まさにケースケさんの講座「フリーランス営業術」などで繰り返し語られたことでした。

元リクルートのMVP・ケースケさんがいま新卒だったら「就職してたかも。」というベルフェイスの方々もフォロー必須です。

「特徴」と「利益」


「特徴」と「利益」を「左」と「右」に書き分けると癖づくかもしれません。

利益で人は動く。

営業マンこそ副業を


営業マンのみなさん、ぜひ私の営業パートナーになってください!(ここで言ってるのはそういうことじゃない。)

これからの営業


先程のベルフェイスの村地さんも「@訪問しない営業」とプロフィールに書くくらい推しているのがインサイドセールスです。

仕事できる人、おっちょこちょい説

最後に、そんな営業神・ケースケさんも人間なんだと思えるツイートを。


そもそもケースケさんが航空券を取り違えたことで、予定外だったバンコクへ来て、後のiSaraメンバー3人と出会うわけですから、ケースケさんがおっちょこちょいじゃなければiSaraはなかった、かもしれません。

うわー。

Day 6 フリーランス営業術

「営業」と言えばこちらの記事が参考になるはずです。ぜひご一読を。

まとめ

ケースケさんのツイートを読んでいると「自分にもできるかも?」と思えてくるから不思議です。

ケースケさんのツイート自体が「ロッキーのテーマ」になっている気がします。笑

今回は「営業編」でした。(全5回)

「フリーランス編」はこちら↓

iSara有益ツイートまとめ

この記事は4期たいぺー (@taipei_freedom)さんの、こちらの記事からインスパイアを受けて書きました。(パクりました。)

おわり

プロフィール

Live A Life You Will Remember!

資料請求はこちら