BLOG

【コピペで今日から使える】チャット風『吹き出し』作りました。

【テーマに依存しない】チャット風吹き出しの作り方【コピペOK】
考える人

プラグインなしで使える吹き出しが欲しい。

テーマを変えても大丈夫で、コピペでカンタンに自分のブログに使えたら良いな。

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • コピペで実装できる「吹き出し」のHTMLとCSSのコード
  • そのコードのカスタマイズ方法の解説

ブログで大活躍する装飾の1つに『吹き出し(speech-bubble)』がありますが、ほとんどの方がテーマのショートコードかプラグインを使っているのではないでしょうか?

ショートコードは大変便利ですがテーマを変えたら最後、すべての記事を書き換えなければなりません。

また、プラグインはブログが重くなる原因の一つなので、なるべく使わない方が良いです。

この記事を書いている僕はWEB制作で食べていて、実際に当ブログにも取り入れています。

本記事ではコピペで実装できる、テーマやプラグインに依存しない『チャット風吹き出し』のコードを解説します。

TOTO
TOTO

パソコンで見ても、タブレットで見ても、スマホで見ても大丈夫。

改行しても、テキストが折り返しても崩れたりしないよ!

GIGLIO
GIGLIO

右もあるよ。

アイコン画像はpng形式(透過)が良いかな。

アイコンネームはなくてもオッケー!

ポイントは下記です。

全体

  • チャット風に『左右』の用意がある
  • レスポンシブ(スマホ)対応されている

アイコン画像

  • アイコン画像がある(自由に変えられる)
  • アイコン画像を『丸く』 or 『四角く』表示できる
  • アイコン画像の縁取りの『太さ』と『カラー』を変えられる

アイコンネーム

  • アイコンネームを『オン/オフ』できる
  • アイコンネームの『フォントサイズ』と『カラー』を変えられる

吹き出し

  • テキストが複数行になっても、改行しても大丈夫
  • 吹き出しの縁取りの『太さ』と『カラー』と『角度』を変えられる
  • 吹き出し内の『背景色』を変えられる
  • 吹き出し内のテキストの『フォントサイズ』と『カラー』を変えられる

かなり自由度は高いと思います。

このまま使いたい方は、そのまんまコピペするだけでOKです。

【コピペで今日から使える】チャット風『吹き出し』作りました。

『テキストエディタ』にペーストするHTML

<!-- 吹き出し(左)の始まり -->
<div class="sb-box">
    <div class="icon-img icon-img-left">
        ←ココにカーソルをあてて『メディア(画像)を追加』する
    </div><!-- /.icon-img icon-img-left -->
    <div class="icon-name icon-name-left">アイコンネーム(左)</div>
    <div class="sb-side sb-side-left">
        <div class="sb-txt sb-txt-left">
            ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。
        </div><!-- /.sb-txt sb-txt-left -->
    </div><!-- /.sb-side sb-side-left -->
</div><!-- /.sb-box -->
<!-- 吹き出し(左)の終わり -->

<!-- 吹き出し(右)の始まり -->
<div class="sb-box">
    <div class="icon-img icon-img-right">
        ←ココにカーソルをあてて『メディア(画像)を追加』する
    </div><!-- /.icon-img icon-img-right -->
    <div class="icon-name icon-name-right">アイコンネーム(右)</div>
    <div class="sb-side sb-side-right">
        <div class="sb-txt sb-txt-right">
            ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります。ここにテキストが入ります
        </div><!-- /.sb-txt sb-txt-right -->
    </div><!-- /.sb-side sb-side-right -->
</div><!-- /.sb-box -->
<!-- 吹き出し(右)の終わり -->

※薄い部分は『コメント』と言って解説部分なので消してしまってもOKです。

上記が『左右の吹き出し』のHTMLコードなので『テキストエディタ』の吹き出しを設置したい箇所にコピペしてください。

『追加CSS』にペーストするCSS

/* 全体 */
.sb-box {
  position: relative;
  overflow: hidden;
}
/* アイコン画像 */
.icon-img {
  position: absolute;
  overflow: hidden;
  top: 0; /* 画像の位置を上から0に */
  width: 80px; /* 画像の幅 */
  height: 80px; /* 画像の高さ */
}
/* アイコン画像(左) */
.icon-img-left {
  left: 0; /* 画像の位置を左から0に */
}
/* アイコン画像(右) */
.icon-img-right {
  right: 0; /* 画像の位置を右から0に */
}
/* アイコン画像 */
.icon-img img {
  border-radius: 50%; /* 画像を丸く表示する */
  border: 2px solid #eee; /* 画像の縁取りの太さとカラー */
}
/* アイコンネーム */
.icon-name {
  position: absolute;
  width: 80px; /* ネームの最大幅を画像と同じに */
  text-align: center; /* ネームの位置をセンターに */
  top: 83px; /* ネームの位置を上から83に */
  color: #777; /* ネームのカラー */
  font-size: 10px; /* ネームのフォントサイズ */
}
/* アイコンネーム(左) */
.icon-name-left {
  left: 0; /* ネームの位置を左から0に */
}
/* アイコンネーム(右) */
.icon-name-right {
  right: 0; /* ネームの位置を右から0に */
}
/* 吹き出し */
.sb-side {
  position: relative;
  float: left;
  margin: 0 105px 40px 105px; /* 吹き出しの上下左右の余白 */
}
.sb-side-right {
  float: right;
}
/* 吹き出し内のテキスト */
.sb-txt {
  position: relative;
  border: 2px solid #eee; /* 吹き出しの縁取りの太さとカラー */
  border-radius: 6px; /* 吹き出しを角丸に */
  background: #fff; /* 吹き出しの背景色 */
  color: #333; /* 吹き出し内のテキストのカラー */
  font-size: 15px; /* 吹き出し内のフォントサイズ */
  line-height: 1.7; /* 吹き出し内のテキストが2行以上になった時の行間 */
  padding: 18px; /* 吹き出し内の上下左右の余白 */
}
.sb-txt > p:last-of-type {
  padding-bottom: 0; /* 吹き出し内のテキストを改行した場合、最後のpタグにpadding-bottomをつけない */
  margin-bottom: 0; /* 吹き出し内のテキストを改行した場合、最後のpタグにmargin-bottomをつけない */
}
/* 吹き出しの三角 */
.sb-txt:before {
  content: "";
  position: absolute;
  border-style: solid;
  top: 16px; /* 吹き出し内の三角の位置 */
  z-index: 3;
}
.sb-txt:after {
  content: "";
  position: absolute;
  border-style: solid;
  top: 15px; /* beforeより-1px */
  z-index: 2; /* beforeより-1 */
}
/* 吹き出しの三角(左) */
.sb-txt-left:before {
  left: -7px;
  border-width: 7px 10px 7px 0;
  border-color: transparent #fff transparent transparent; /* 背景色と同じカラーに */
}
.sb-txt-left:after {
  left: -10px; /* beforeより-3px */
  border-width: 8px 10px 8px 0; /* beforeより上下+1px */
  border-color: transparent #eee transparent transparent; /* 縁取りと同じカラーに */
}
/* 吹き出しの三角(右) */
.sb-txt-right:before {
  right: -7px;
  border-width: 7px 0 7px 10px;
  border-color: transparent transparent transparent #fff; /* 背景色と同じカラーに */
}
.sb-txt-right:after {
  right: -10px; /* beforeより-3px */
  border-width: 8px 0 8px 10px; /* beforeより上下+1px */
  border-color: transparent transparent transparent #eee; /* 縁取りと同じカラーに */
}

/* 767px(iPad)以下 */

@media (max-width: 767px) {
  /* アイコン画像 */
  .icon-img {
    width: 60px; /* 画像の幅を-20px */
    height: 60px; /* 画像の高さを-20px */
  }
  /* アイコンネーム */
  .icon-name {
    width: 60px; /* 画像の幅に合わせて-20px */
    top: 62px; /* ネームの位置を上から62に */
    font-size: 9px; /* ネームのフォントサイズを-1px */
  }
  /* 吹き出し(左) */
  .sb-side-left {
    margin: 0 0 30px 78px; /* 吹き出し(左)の上下左右の余白を狭く */
  }
  /* 吹き出し(右) */
  .sb-side-right {
    margin: 0 78px 30px 0; /* 吹き出し(右)の上下左右の余白を狭く */
  }
  /* 吹き出し内のテキスト */
  .sb-txt {
    padding: 12px; /* 吹き出し内の上下左右の余白を-6px */
  }
}

上記が『左右の吹き出し』のCSSコードなので『追加CSS』にコピペしてください。

こちらのコメントは残しておいた方が良いと思います。

外観 › カスタマイズ › 追加CSS

では、カスタマイズ方法を詳しく解説していきます。

アイコン画像の大きさを変える

該当コード(CSS)

/* アイコン画像 */
.icon-img {
  width: 80px; /* 画像の幅 */
  height: 80px; /* 画像の高さ */
}

上記コードの数値を変更するとアイコン画像の大きさが変わります。

必ず同じ数値にして正方形になるようにしましょう。

『メディアを追加』で画像を挿入するとimgタグに元画像のwidthとheightが表示されますが、それは変更しなくて大丈夫です。

アイコン画像を『四角く』表示する

該当コード(CSS)

/* アイコン画像 */
.icon-img img {
  border-radius: 50%; /* 画像を丸く表示する */
}

border-radius: 50%;の1行を削除すれば画像は四角いまま表示されるようになります。

アイコン画像の縁取りの『太さ』と『カラー』を変える

該当コード(CSS)

/* アイコン画像 */
.icon-img img {
  border: 2px solid #eee; /* 画像の縁取りの太さとカラー */
}

上記コードの数値を変更すると縁取りの太さが、#以降のカラーコードで色が変わります(カラーコードではなくgray, blackとかでも大丈夫です)。

solid(1本線)をdashed(破線)やdotted(点線)に変えることもできますよ。

アイコンネームを非表示にする

該当コード(HTML)

<div class="icon-name icon-name-left">アイコンネーム</div>

上記HTMLコードを削除すればアイコンネームは非表示になります。

該当CSSも削除してしまって大丈夫ですが、いつか使う日のために残しておきましょう。

アイコンネームの『フォントサイズ』と『カラー』を変える

該当コード(CSS)

/* アイコンネーム */
.icon-name {
  font-size: 10px; /* ネームのフォントサイズ */
  color: #777; /* ネームのカラー */
}

font-sizeの数値を変更すると文字の大きさが、colorで文字の色が変わります。

10pxはフォントサイズとしては小さめで、アイコンネームの色は『アイコン画像』と『吹き出し』の縁取りよりやや濃い目に設定しています。

吹き出しの縁取りの『太さ』と『カラー』と『角度』を変える

該当コード(CSS)

/* 吹き出し内のテキスト */
.sb-txt {
  border: 2px solid #eee; /* 吹き出しの縁取りの太さとカラー */
  border-radius: 6px; /* 吹き出しを角丸に */
}

アイコン画像の縁取りと同じくborderで変更します。

border-radiusの数値を大きくすると吹き出しの四つ角の丸みが大きくなります。

吹き出し内の『背景色』を変える

該当コード(CSS)

/* 吹き出し内のテキスト */
.sb-txt {
  background: #fff; /* 吹き出しの背景色 */
}

ここでは吹き出し内の背景色は白くしていますが、backgroundのカラーコードを変更すると背景色が変わります。

吹き出し内のテキストの『フォントサイズ』と『カラー』を変える

該当コード(CSS)

/* 吹き出し内のテキスト */
.sb-txt {
  font-size: 15px; /* 吹き出し内のフォントサイズ */
  color: #333; /* 吹き出し内のテキストのカラー */
}

アイコンネームと同じくfont-sizeで文字のサイズを、colorで文字の色を変えます。

レスポンシブ(スマホ)対応する

該当コード(CSS)

/* 767px(iPad)以下 */

@media (max-width: 767px) {
  /* アイコン画像 */
  .icon-img {
    width: 60px; /* 画像の幅を-20px */
    height: 60px; /* 画像の高さを-20px */
  }
  /* アイコンネーム */
  .icon-name {
    width: 60px; /* 画像の幅に合わせて-20px */
    top: 62px; /* ネームの位置を上から62に */
    font-size: 9px; /* ネームのフォントサイズを-1px */
  }
  /* 吹き出し(左) */
  .sb-side-left {
    margin: 0 0 30px 78px; /* 吹き出し(左)の上下左右の余白を狭く */
  }
  /* 吹き出し(右) */
  .sb-side-right {
    margin: 0 78px 30px 0; /* 吹き出し(右)の上下左右の余白を狭く */
  }
  /* 吹き出し内のテキスト */
  .sb-txt {
    padding: 12px; /* 吹き出し内の上下左右の余白を-6px */
  }
}

今回は767px(iPad)以下、つまりスマホで下記のような変更を加えています。

  • アイコン画像を20px小さく
  • アイコンネームを1px小さく
  • 左右の吹き出しの上下左右の余白を狭く
  • 吹き出し内の上下左右の余白を6px狭く

上記の変更でスマホでも表示が崩れたり、不自然にならないようにしています。

吹き出しアイコン
よかったらコピペして使ってくださいー!

『ボタン』もプラグインなし、ショートコードなしで実装できますよ。

あわせて読みたい
【コピペで今日から使える】キラっと光るボタン【プラグインなし】
【コピペで今日から使える】キラっと光るボタン【プラグインなし】 プラグインなしで使えるボタンが欲しい。 テーマを変えても大丈夫で、コピペでカンタンに自分のブログに使えたら良い...