BLOG

【コピペで今日から使える】キラっと光るボタン【プラグインなし】

【コピペで今日から使える】キラっと光るボタン【プラグインなし】
考える人

プラグインなしで使えるボタンが欲しい。

テーマを変えても大丈夫で、コピペでカンタンに自分のブログに使えたら良いな。

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • コピペで実装できる「キラッと光るボタン」のHTMLとCSSのコード
  • そのコードのカスタマイズ方法の解説

ブログで大活躍する装飾の1つに『ボタン』がありますが、ほとんどの方がテーマのショートコードかプラグインを使っているのではないでしょうか?

ショートコードは大変便利ですがテーマを変えたら最後、すべての記事を書き換えなければなりません。

また、プラグインはブログが重くなる原因の一つなので、なるべく使わない方が良いです。

この記事を書いている僕はWEB制作で食べていて、実際に当ブログにも取り入れています。

本記事ではコピペで実装できる、テーマやプラグインに依存しない『キラッと光るボタン』のコードを解説します。

アフィリエイトでよくあるやつですね↓

\ マイクロコピー(上) /

マイクロコピー(下)

ポイントは下記です。

  • ボタンは記事の中央寄せ
  • ボタンの幅はPCで記事の50%、スマホ(767px以下)で90%
  • 3秒に1回、永遠と光る
  • ボタンのテキストの後ろにアロー(矢印)
  • 上下にマイクロコピーを設置

ボタンのカラーを変えたい方やマイクロコピーは不要な方のためにカスタマイズ方法も記載しておきます。

このまま使いたい方は、そのまんまコピペするだけでOKです。

【コピペで今日から使える】キラっと光るボタン【プラグインなし】

『テキストエディタ』にペーストするHTML


<!-- マイクロコピー(上)はここから -->
<p style="text-align: center;">
    <span style="font-size: 90%; color: #808080;">\ マイクロコピー(上) /</span>
</p>
<!-- マイクロコピー(上)はここまで -->

<!-- ボタンはここから -->
<div class="my-btn">
    <a href="">キラッと光るボタン</a>
</div><!-- /.my-btn -->
<!-- ボタンはここまで -->

<!-- マイクロコピー(下)はここから -->
<p style="text-align: center;">
    <span style="font-size: 80%; color: #808080;">マイクロコピー(下)</span>
</p>
<!-- マイクロコピー(下)はここまで -->

上記が『キラッと光るボタン』のHTMLコードなので『テキストエディタ』のボタンを設置したい箇所に毎回コピペしてください。

マイクロコピーが不要な方は『ボタンはここから』〜『ボタンはここまで』をコピペしてください。

『追加CSS』にペーストするCSS


.my-btn {
  text-align: center;
}
.my-btn a {
  display: inline-block;
  width: 50%;
  margin: 20px auto;
  padding: 10px;
  border-radius: 5px;
  text-align: center;
  color: #fff!important;
  text-decoration: none;
  font-size: 15px;
  line-height: 27px;
  font-weight: bold;
  background: #E63A36;
  border-bottom: 4px solid #C62828;
  position: relative;
  overflow: hidden;
}
/* ボタンを凹ませる */
.my-btn a:active {
  transform: translateY(4px); /*下に動く*/
  box-shadow: 0px 0px 1px rgba(0, 0, 0, 0.2); /*影を小さく*/
  border-bottom: none;
}
/* ボタンをキラッとさせる */
.my-btn a:before {
  content: '';
  display: block;
  position: absolute;
  width: 100%;
  height: 100%;
  top: 0;
  left: -100%;
  background-image: linear-gradient(130deg, rgba(255, 255, 255, 0) 0%, rgba(255, 255, 255, 0.5) 80%, rgba(255, 255, 255, 100) 81%, rgba(255, 255, 255, 0) 100%);
  animation: shine 3s infinite; /* inifiniteによりずっと続ける */
}
@keyframes shine {
  33% {
    left: 100%;
  }
  100% {
    left: 100%;
  }
}
/* テキストの後ろにarrow */
.my-btn a:after {
  content: '»';
  display: inline-block;
  color: #fff;
  padding-left: 10px;
  font-size: 20px;
}

/* 767px(iPad)以下 */

@media (max-width: 767px) {
  .my-btn a {
    width: 90%;
  }
}

上記が『キラッと光るボタン』のCSSコードなので『追加CSS』にコピペしてください。

『マイクロコピー』のCSSはHTMLに書いてあるので、上記は純粋にボタンに関するCSSのみです。

外観 › カスタマイズ › 追加CSS

では、カスタマイズ方法を解説していきます。

ボタンの色を変える

該当コード


.my-btn a {
  color: #fff!important; /*テキストの色*/
  background: #E63A36; /*ボタンの背景色*/
  border-bottom: 4px solid #C62828; /*ボタンの下の影の色*/
}

ボタンに関する色は上記の3ヶ所で変更できます。

テーマによってテキストの色が変わらないことも考慮して予め#important(強制的に反映させるコード)も付けてあります。

ボタンの背景色を変えたら、影の色も変えるようにしましょう。

ボタンの幅を変える

該当コード


.my-btn a {
  width: 50%; /*PCでのボタンの幅*/
}

/* 767px(iPad)以下 */

@media (max-width: 767px) {
  .my-btn a {
    width: 90%; /*スマホでのボタンの幅*/
  }
}

ボタンの幅を変更するためのCSSは上記です。

2カラムが1カラムになるタイミングでwidth(幅)を大きくするのが良いです。

だいたい767px(iPad)以下にブレークポイント(スマホ切り替え)が設定されているはずです。

ボタンのテキストの後ろのアロー(矢印)を消す

該当コード


/* テキストの後ろにarrow */
.my-btn a:after {
  content: '»';
  display: inline-block;
  color: #fff;
  padding-left: 10px;
  font-size: 20px;
}

上記を削除してください。

今回は『»』を使っていますが、FontAwesomeで実装したい方は下記に書き換えてください。


/* テキストの後ろにFontAwesomeのアロー */
.my-btn a:after {
  font-family: "Font Awesome 5 Free";
  content: "\f054";
  font-weight: 900;
}

/* テキストの前にFontAwesomeのアロー */
.my-btn a:before {
  font-family: "Font Awesome 5 Free";
  content: "\f054";
  font-weight: 900;
}

テキストの後ろ(after)と前(before)、両バージョンになります。

今回は以上です。

『吹き出し』もプラグインなし、ショートコードなしで実装できますよ。

あわせて読みたい
【テーマに依存しない】チャット風吹き出しの作り方【コピペOK】
【コピペで今日から使える】チャット風『吹き出し』作りました。 プラグインなしで使える吹き出しが欲しい。 テーマを変えても大丈夫で、コピペでカンタンに自分のブログに使えたら良...