筋トレ

【ガリガリを克服!】体重を6ヶ月で10kg増やした話

投稿日:2019年2月7日 更新日:

TOTO
1日8食は地獄だった…

GIGLIO
え、最高じゃん!

この記事は以下のような方にオススメです。

  • ガリガリを卒業したい。
  • 筋トレを始めようと思っている。

データ公開

計測結果1

トレーニング初日にInBodyというジムの計量機器で測った結果です。右の筋肉発達度評価が真っ青。

計測結果3

6ヶ月後の結果です。右の筋肉発達度評価が腕だけ真っ赤!

私は身長が伸びきった高校時代から29歳まで173cm・58kgのガリガリ体形でした。(しかも痩せやすい体質)

学生時代は水泳を9年やっていましたが、成長期の中学時代はチョコバナナクレープばかり食べてたのでいわゆる逆三角形にはなりませんでした。

さらに思春期の私はロック少年だったのでガリガリであることをむしろ誇りに思っていました。

古き良きロックスターはみんなガリガリです。甲本ヒロトさんが良い例ですよね。

しかし私はロックスターではなく、25歳の頃にダンスを始めてからはガリガリ体形がコンプレックスになっていました。

毎日鏡の前に立つので嫌でもコンプレックスが目に入ります。

そこで2011年12月6日から筋トレをはじめ約6ヶ月で体重を10kg増やし、現在もキープしています。

そんな私がやってきたことを振り返ってみたいと思います。

ティップネスに通う

最初に考えたのは筋トレを習慣化することです。

まずは1ヶ月くらい続けて筋トレを日常にしてしまえばこっちのもんです。

そこでジムに通うことにしたのです。

パーソナルトレーナーはつけませんでしたが、プロの方にとにかく筋肉をつけたいと伝え、メニューを組んでもらいました。

当時のメニューが以下です。

  • チェストプレス
  • ラットプルダウン
  • ショルダープレス
  • アームカール
  • アブドミナル
  • レッグプレス
  • ダンベル

ゴールデンタイムにプロテインを飲む

ゴールデンタイムとは一般的に筋トレ直後の30分間と言われています。

ジムに通う、プロテインを飲む。

ベタ過ぎて紹介するまでもないですが。笑

ちなみに私はおいしいチョコレート味を飲んでいました。

筋肉痛が収まりそうな日にジムへ行く

トレーニングによって傷ついた筋線維を修復しようとする時に起こる痛みが筋肉痛です。

そしてその修復によって筋肉がより大きくなります。

つまり筋肉痛の時はトレーニングは休むべき、ということですね。

なので私は

「あ、明日には筋肉痛治るな」

と感じた翌日にジムへ行く。を繰り返していました。

モチベーションは音楽で上げる

それまでiPod classicを使っていましたが、音楽を聴きながらでも動きやすいようにiPod shuffleに変えました。

そして裏面に目標を刻みました。

iPod shuffle

あしたのジョーならぬ「あしたはジョー」です。笑

山Pになることをここに宣言したのです。

1日8食生活

もっとも心がけて、もっとも大変だったのが食事です。

トレーニングより頻度が多いからです。

自分がガリガリな最大の原因が「食が細いこと」にあるのは分かっていました。

食が細いというかそもそも「食に興味がない」のです。

そこでとにかく食べまくることを心がけました。

2~3時間に1回、目が覚めてしまう自分の体質を利用して、ベッドの横に食べ物を常備しておき、胃に隙間ができたら食べるというペースです。

満腹の状態「10」を基本として、2~3時間経って「8」になったら食べて「10」に戻す。そんなイメージです。

常に超サイヤ人の状態でいるのと同じですね。(違うか。)

おかげで半年間は「おなかが空いた」という感覚を味わった記憶がありません。

お菓子やカップラーメンは食べない

あくまで目的は筋肉をつけることですので、あきらかに筋肉にならないものは食べませんでした。

以前までの私は「カップヌードルカレーとコンビニのおにぎり1個」のセットを思考停止でよく選んでいました。

この時期の私がよく食べていたメニューは以下です。

  • カツカレー
  • 焼肉
  • 丼物
  • ささみ
  • 納豆
  • 豆腐
  • パスタ
  • 菓子パン など

昔、タモリさんがいいともで「毎日3食キチンと食べていたらお菓子なんか入らない」と言っていましたが、1日8食生活では見るのも嫌になります。笑

トレーニングは上半身のみ

メニューには下半身のトレーニングもありましたが、私は1ヶ月で辞めました。

トレーニングを始めて1~2週間ほどで祖母がなくなり、スーツを着る機会がありました。

その間もトレーニングを続け、四十九日でまたスーツを着ました。約1ヶ月後の話です。

すると、スーツのパンツが上がらないほど下半身に筋肉がついていたのです。

筋肉は大きい所からついていくんですね。

私は主に腕と胸に筋肉をつけたかったのでそれ以来、下半身のトレーニングは辞めました。

それから、ジムの定番トレッドミル(ランニングマシン)も目的が違うためやってません。

1ヶ月で5kg増える

こうして最初の1ヶ月で体重を5kg増やすことに成功しました。

計測結果2

1ヶ月後の結果です。右の筋肉発達度評価が(分かりにくいですが)真っ青→標準の白になっています。

とにかくガリガリじゃなければデブでもよかったので、1ヶ月で標準体形になり最低限の目標は達成しました。

お尻に肉割れが…

急に体重を増やしたり、減らしたりするとできるアレです。

気づいたのはしばらくしてからですが。

こういう時のためにトレーナーさんはいるんだなと痛感しました。

美意識の高い方はトレーナーさんをつけることをオススメします。

ベンチプレスを買う

その後、6ヶ月で体重を10kg増やし、身長173cmに対してのベスト体重まで持っていくことができました。(今調べたら173cmのベスト体重は65.8kgでした…最初の1ヶ月で辞めれば良かったってこと!?)

以降2015年3月までの3年3ヶ月間でジムを休んだのは台風の時の1回だけです。

そして遂に自宅でのトレーニングに切り替えました。

ベンチプレスの購入です。

ベンチプレスセット

ジムでは猛者たちがベンチプレスを占領していたので、憧れていたんです。笑

20日で7kg痩せる

2015年10月の話です。

もともと痩せやすい体質なのを自覚していた私はガリガリを克服してから3年以上経過していたものの、また痩せてしまうのではないかという一種の強迫観念に囚われていました。

太るのは良くても、痩せるのは怖いのです。

すると気づけば体重は73kgになっていました。

さすがに痩せなくてはと5kgのダイエットを決意しました。

人生初のダイエットです。

その頃の私は仕事柄、食事の時間が深夜になることもザラでしたので「正しい時間帯の食事の徹底」「食事制限」で何とかなると思っていました。

そこで当時ピースの又吉さんとのW受賞で話題になっていた芥川賞作家の羽田圭介さんがTVで紹介していた1日3食摂っているという同じメニューを採用することにしました。

  • 白いごはん
  • ささみサラダ
  • 納豆
  • 豆腐

3日も経たない内に飽きてしまいましたが、ひたすら同じメニューを食べ続けました。

すると開始から20日ほど経ったある日、ふと鏡を見ると首辺りがあきらかにゲッソリしていたのです。

食事制限だけのダイエットなので気長に考えていたのですが、急いで体重計に飛び乗りました。

なんと体重は66kg台。

すでに7kg近く落ちていました。

急いで2kg上げましたが、自分の痩せやすい体質に恐怖すら覚えました。

世の中には痩せる方がカンタンな人間が確かに存在するのです。

どこでもマッチョを買う

2018年8月にミニマル化のためベンチプレスセットを売って「どこでもマッチョ」を買いました。

どこでもマッチョ

取り外し可能の懸垂バーですね。

ちなみに約3年半大切に使った(購入時からいつか売るつもりだった)ベンチプレスセットは3万円で購入し、ヤフオクで2万円で売れました!(なんというコスパ!)

結論、筋トレは自信になる。

何と言ってもこれです。筋トレは自信になります。

誰に言われて始めた訳でもない筋トレです、サボっても誰からも怒られません。

自己管理がすべてなんですね。

同じく断捨離も自信になります。

私が7年かけてヤフオクで2000点近くを断捨離してミニマリストになった話はコチラです。

フリーランスの方にマッチョミニマリストが多いのは自己管理能力が高いからではないでしょうか。

筋トレなんて大っ嫌い!

ここまで書くと結局好きでやってるんでしょ?

と思われるかもしれませんが、あの「みんなで筋肉体操」の武田真治さんも以前インタビューで「筋トレは最も嫌いなことのひとつ」というような趣旨の発言をされていました。

比べ物になりませんが、私もこの7年間トレーニング前も、最中も嫌で嫌で仕方ありません。

筋トレに魔法なんてありません。やるしかないのです。

おわり

プロフィール

今回は以上です。

山Pにはなれませんでしたがガリガリは克服し、現在は見事な中肉中背になれました。笑

ガリガリがコンプレックスな方は結構いらっしゃると思うので何かの参考になればと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

-筋トレ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

関連記事はありませんでした