ONE PIECE

【ワンピース考察】麦わらの一味に11人目の仲間はいない説

2021年11月11日

【ワンピース考察】麦わらの一味に11人目の仲間はいない説
考える人

麦わらの一味の11人目の仲間が知りたい。

こういった要望に応える記事を用意しました!

本記事の内容

  • 「2929の実」の能力者が仲間になる説
  • 麦わらの一味は11人になる説

世は「大考察時代」!

プロフィール

だってワンピースの話をしてる時が人生で1番楽しいじゃないですか?

本記事は、2021年4月に執筆した以下の記事から「麦わらの一味の11人目の仲間」について抜粋したものです。他にも「ワンピース考察」が読みたい方は以下をどうぞ。

また、当ブログをパクった動画やブログを見かけた方は「CONTACT」か「Twitter」までご連絡いただけると嬉しいです🙇‍♂️

【ワンピース考察】麦わらの一味に11人目の仲間はいない説

  • 「2929の実」の能力者が仲間になる説
  • 麦わらの一味は11人になる説

上記の説を、その考察の「実現度(星0〜5つ)・根拠・反論」を交えて、時にメタ的に、世界一分かりやすく検証・解説したものです。

また、「◯巻◯話」など、具体的なソース(出典)を毎回キチンと明記しているので、コミックスにアクセスし易くなっていますよ!

はじめに結論

あらゆる「根拠(可能性)」と「反論」を挙げていきますので、意見が「何転」もしているように感じるかも知れませんが、「結論:麦わらの一味には、もう誰も入りません!」

「2929の実」の能力者が仲間になる説

この考察の実現度

★☆☆☆☆

この考察の根拠

  • ①:SBSでわざわざ取り上げられた(59巻583話)

この考察への反論

  • ①:奇跡的な偶然
  • ②:もはや「麦わらの一味」に入るかどうかは重要ではない
  • ③:「足すとサニー号(325)になる」に関しては一切触れられた事がない

現在の麦わらの一味

  • ①:ルフィ
  • ②:ゾロ
  • ③:ナミ
  • ④:ウソップ
  • ⑤:サンジ
  • ⑥:チョッパー
  • ⑦:ロビン
  • ⑧:フランキー
  • ⑨:ブルック
  • ⑩:ジンベエ

めちゃくちゃ有名な説ですよね。改めて整理してみましょう。

麦わらの一味の悪魔の実の能力者

  • ルフィ:ゴムゴム(5・6)
  • チョッパー:ヒトヒト(1・10)
  • ロビン:ハナハナ(8・7)
  • ブルック:ヨミヨミ(4・3)
  • ?:??(2・9)

そして上記の数字を全て足すと(サウザンド・)サニー号(325)が完成します。

56+110+87+43+29=325

あくまで、ただの噂(よくできた偶然)レベルだったのですが、SBS(59巻583話)で取り上げられた事により、信憑性が増しました。

D:麦わら海賊団の能力者の食べた実を、数で表すと1〜10の数になるんです!(中略)
(2.9)がないという事は、ニキュニキュの実を食べた、バーソロミュー・くまが仲間になるという事ですか?

O:なにィ〜〜〜〜っ!!いやーびっくりしました!どういう意味で驚いたかって!?
ノーコメント〜〜〜〜!!!次っ!!
59巻583話のSBS

まずは「2929」の実の能力者を挙げてみます。

候補者

  • ①:バーソロミュー・くま:ニキュニキュ(2929)
  • ②:錦えもん:フクフク(2929)
  • ③:?:??(2929)

まず候補に上がるのが「バーソロミュー・くま」です。現にSBSでも「くま」の名前が挙げられていましたね。

頂上戦争、真っ只中の59巻なら(完全な人間兵器になったとはいえ)まだ可能性がありましたが、仲間になるには以下のプロセスが必要なハズです。

くまが仲間になるには

  • ①:天竜人の奴隷から解放される
  • ②:人格を取り戻す手術をしてもらう
  • ③:仲間になる

その頃には、もうほとんど冒険残ってないんじゃない?フランキーとキャラ被らない??ニキュニキュで瞬間移動し放題じゃない???

「くまが仲間になる構想はあったが、辞めた。」とも考えられますね。

2人目は、パンクハザードから一緒に旅をしてきた「錦えもん」です。

「フクフク(服)の実」で確定しましたが(「福福」の要素もありそう)鬼ヶ島合戦後も無事であるなら、ワノ国に残って光月家(モモの助)を支えそうですよね。

※少し前まで「お玉」がきびだんごでお供につくの「ツクツクの実(2929)」ではないか、と言われていましたが『ビブルカード』で「キビキビの実」である事が確定しています。

NEW STARTER SET Vol.1

とはいえ、麦わら大船団(総勢5,600名)という傘下まで出来た現在、麦わらの一味に加入するかどうかは、もはや重要ではありません。「錦えもん」も「お玉」もみんな仲間同然ですからね。

TOTO
ルフィ
あいつらは「仲間」じゃねェ、「友達」だ。そこには明確な線がある。

なんてルフィが言うわけありませんからね。笑

次に、麦わらの一味に加入する・しないを含めた「全可能性」を挙げてみます。

全可能性

  • ①:ニキュニキュの実が転生して(=くまが死ぬ)その人が仲間になる
  • ②:「2929の実」が新たに登場し、そのキャラが仲間になる
  • ③:数字とは関係ない能力者が仲間になる(ヤマト含む)
  • ④:ヤマトが仲間になる(イヌイヌの実・幻獣種・モデル:大口真神)
  • ⑤:ウソップの武器が悪魔の実を食べる(ナミのようなパワーアップ)
  • ⑥:非能力者が仲間になる
  • ⑦:もう誰も仲間にならない
  • 例外:ルフィは29(肉)が好きなので、2929の要素は既にある

人格を失った時点で「ニキュニキュの実」が転生している可能性も0ではないですが、血統因子に能力が結びつくならば、転生は「体の死」によって起こるはず。

また、麦わらの一味が悪魔の実を見つける描写は今の所ないので、自ら見つけた実を食べるシーンも見てみたいですよね。

海賊王のクルーなら武器に悪魔の実を食べさせたキャラが居ても面白いでしょう。フランキーでも良いですが、「ウソップの黒カブト」とか。

とはいえ、「奇跡的な偶然」説もまだまだ可能性ありありです。もう一度SBSを見てみましょう。

D:麦わら海賊団の能力者の食べた実を、数で表すと1〜10の数になるんです!(中略)
(2.9)がないという事は、ニキュニキュの実を食べた、バーソロミュー・くまが仲間になるという事ですか?

O:なにィ〜〜〜〜っ!!いやーびっくりしました!どういう意味で驚いたかって!?
ノーコメント〜〜〜〜!!!次っ!!
59巻583話のSBS

「奇跡的な偶然」に驚いたけど、ノーコメントにしておけば手柄になる。と尾田先生は考えてそうです。前科アリますからね。

ONE PIECE連載10周年に発売された書籍に挟まれていたチラシみたいな情報誌「ワンパラ(ONE PIECE PARADISE!)」。そのVol.4の尾田先生のコメントが下記です。

我らが船長モンキー・D・ルフィさんの話だが、アルファベットでは「Luffy」と表記します。「R」ではなく「L」。「Luff」という単語の意味は、「船首を風上に向ける」。

いかにも海賊の船長らしいというか、海へ出た男にとってこの上ない名前ではないかと思います。これに気づく読者は昔からちょくちょくいて、手紙をくれるんですが、僕はそれを読むとそっとほほえみ口を閉ざすのだ。

だって、黙ってればちゃんと僕がそこまで考えて「ルフィ」と名付けたことになるじゃん(偶然か)
尾田栄一郎

「足すとサニー号(325)になる」に関しては質問にもないので、尾田先生はこう思っているんではないでしょうか。

TOTO
尾田先生
なんで足したーーーー!?

個人的には、数字って「ほぼ世界共通」なのに日本語で語呂合わせするのが、すごく違和感です。次の説に続きます。

麦わらの一味は11人になる説

この考察の実現度

★★☆☆☆

この考察の根拠

  • ①:1話でのルフィのセリフ
  • ②:ファンブック『GREEN』にあるスペース
  • ③:尾田先生は「今、面白いと思った方」に舵を切る
  • ④:ヤマトの人気が異常

この考察への反論

  • ①:最低10人いればオッケイ
  • ②:初期構想ではルフィを入れて10人
  • ③:最初の1年で仲間を集める予定だった
  • ④:OPは既に「最終章」に片足つっこんでいる
  • ⑤:根本はブレない

まずは1巻1話でのルフィのセリフが下記です。

んん…!!まずは仲間集めだ 10人はほしいなァ!!
モンキー・D・ルフィ

フーシャ村を1人で出航し、近海の主を倒し、「海賊王におれはなる!!!!」の直前のセリフになります。

「仲間は10人は欲しい」つまり「ルフィ + 仲間10人 = 麦わらの一味11人」というわけです。

出航直後の伏線が物語後半で回収されたら…なんと美しい事でしょう!

もう1つの根拠は、公式ファンブック『GREEN』の麦わらの一味の「初期構想画(連載開始2年前のもの)」です。

ONE PIECE GREEN SECRET PIECES

『GREEN』が発売された2010年11月時点では、「ジンベエは登場しているけど、仲間になっていない状態」だったので初期構想画から消されていました(ネタバレになる為)。

10年後の2020年9月に発売された『ONE PIECE magazine Vol.10』ではジンベエが消される前の初期構想画が公開されています。

ONE PIECE magazine Vol.10

ここで注目したいのが『GREEN』に掲載された「後期構想画(連載直前のもの)」の方です。

後期構想画にも、もちろんジンベエは載っていないのですが、ジンベエ以外にも「もう1人、もしくは2人」入るスペースが空いているんです。

別に不自然でも何でもないのですが、もしかしたら麦わらの一味に新メンバーが加入した後に発売される『ONE PIECE magazine』には「真の後期構想画」が掲載されるかも知れません。

とはいえ、「ルフィを入れて10人」とも取れるので、ジンベエが最後のメンバーでも間違いではないんですよね。

次に、尾田先生のインタビューから「仲間の人数」のヒントを探していきます。

尾田先生の発言3選

どれもジンベエが正式に加入する前のものです。まずは『読売新聞(2018年7月)』のインタビューからです(ワノ国編に入った頃)。

最初は10人の仲間を1年半で集めようと思っていました。20年以上かかって物語は80%くらいまで来ましたが、仲間はまだ9人です。
尾田栄一郎

あくまで〝最初は〟とありますが、「ルフィを入れての数字」ですね。

麦わらの一味

  • ①:ルフィ
  • ②:ゾロ
  • ③:ナミ
  • ④:ウソップ
  • ⑤:サンジ
  • ⑥:チョッパー
  • ⑦:ロビン
  • ⑧:フランキー
  • ⑨:ブルック
  • ⑩:ジンベエ

しかし、遡ること4年前の2014年7月(ドレスローザ編が連載されている頃)の『中国時報』のインタビューでは、こう答えています(以下Google翻訳)。

麦わらの一味のメンバーはまだ揃っていません。続々と登場しますよ!
尾田栄一郎

ジンベエだけなら「続々」という表現は使わないはずですよね。と言ってもGoogle翻訳なので、実際に何と言われたのかは不明です。

さらに、その2年前に行われた中田ヤスタカさんとの対談『Sound & Recording Magazine(2012年4月号)』には、こうありました(パンクハザード編が連載されている頃)。

そもそも『ONE PIECE』は5年で終了する予定で、最初の1年で仲間を集めて、大冒険を3年くらいして、最終章を1年……だったのですが、うまく行ってない感じで。
尾田栄一郎

尾田先生の「初期構想」を推測すると、こんな感じではないでしょうか。

OP5年計画(推測)

  • 1年:仲間集め(イーストブルー → グランドライン前半)
  • 3年:大冒険(グランドライン前半 → 新世界)
  • 1年:最終章(ワノ国以降)

しかし、実際に連載を始めてみると誤算が生じました。同じく『読売新聞(2018年7月)』のインタビューからです。

ー物語が息長く続く理由は何でしょうか。

キャラクターが勝手に動くからですかね……。仲間集め一つとっても、連載当初は、悪人をやっつけて、そいつを仲間にして、とゲーム感覚で考えていたんです。でも、真剣に人間に向き合ってみると、いきなりやってきた少年から「俺と海賊になろう」と言われても、自分はついて行かない。物語に説得力がないと、仲間にならないとわかった。
尾田栄一郎

時間はかかったけど、「仲間集め」が終わり、いよいよ「最終章に片足をつっこんだ(1000話到達時のメッセージ)」。

それが『ONE PIECE』の現在地という事ではないでしょうか。

OP25年目突入

  • 仲間集めが「新世界編」にまで及ぶ
  • 仲間集めが終わり、最終章(ワノ国以降)に突入

さすがに1年で終わると思っていた「仲間集め」が「最終章」にまで及ぶとは思えません(最終章と言っても「◯◯編」はまだいくつか残っていると思いますが)。

とはいえ、まだ仲間が増える可能性が2つあります。

まだ仲間が増える可能性

  • ①:尾田先生は「今、面白いと思った方」に舵を切る
  • ②:ヤマトの人気が異常

ワンピースの総集編『THE LOG』の中の、描き下ろしエッセイ「連載ってワンダーランド」の中に、こうあります。

今面白いと思った方へ進め!!
尾田栄一郎

「伏線王」として知られる尾田先生ですが、何もかも最初から構想している訳ではありません。以下は全て「連載ってワンダーランド」で明かされた秘話です。

構想になかった展開3選

  • ①:ビビがミス・ウェンズデーとして登場した時「王女」という設定はなかった
  • ②:ドラムロッキーは見切り発車で誕生した
  • ③:ルッチをボス(CP9)にするかは描きながら決めた

今面白いと思った方へ進め!!

2つ目の可能性は、「ヤマト」の異常な人気です。「ヤマトが次の仲間になる」と考えている人は多いでしょう。

ヤマトの初登場は第983話(2020年6月22日発売の『少年ジャンプ2020年29号』)、約半年後に投票が開始された『第1回 ONE PIECE 世界キャラクター人気投票 WORLD TOP 100』では、第1話から登場している、あのシャンクスを抑えて「11位」にランクインしています。

さすがに、この人気は尾田先生の想定を超えているのではないでしょうか。仮に構想になかったとしても、ヤマトが入ったら「面白い」ですからね。

とはいえ、「エースの一件」があります。同じく『Sound & Recording Magazine(2012年4月号)』のインタビューからです。

エースが出たときの反響はすごかったですよ。だからエースを殺していいものかどうか結構悩みました。でも僕の中では初めてエースを描いたときにそうなることは決めていたんです。登場してすぐにそうなる予定だったんですけど、結果的に10年かかってしまった……
尾田栄一郎

ヤマトがどんな運命を持って生まれたキャラクターかは尾田先生にしか分かりませんが、キャラの人気によって「運命」は変わらないようです。

いずれにせよ、ヤマトがワノ国を出航して「最も巨大な戦い」に参戦するフラグは、「過去編のセリフで立っている」のでサニー号には間違いなく乗るでしょう。

あらゆる「根拠(可能性)」と「反論」を挙げてきましたが、いよいよ結論です。

結論

  • 理由①:さすがに「最終章」で仲間は増えない
  • 理由②:麦わらの一味のメンバーは「根幹」なので初期構想からブレない
  • 結論:麦わらの一味には、もう誰も入りません!

「麦わらの一味のメンバー」は「ワンピースの正体」と同じように物語の根本に関わる部分だと思うので、初期構想から変えない(ブレない)と思うんですよね。

とか言って、ワノ国終わりに「ヤマト」があっさり加入したら、すみません…。〝裸踊り〟しますね。

まとめ

本記事は、2021年4月に執筆した以下の記事から「麦わらの一味の仲間」について抜粋したものです。他にも「ワンピース考察」が読みたい方は以下をどうぞ。

人気記事FODプレミアムに無料で登録する全手順を12枚の画像で解説!

人気記事【ワンピース】ファンブック(関連書籍)公式305冊まとめ

人気記事【ワンピース】に関する記事一覧【ONE PIECE最新まとめ】

-ONE PIECE
-

© 2021 ブログの神様|THE GOD OF BLOG