ONE PIECE

【ワンピース考察】黒ひげ(ティーチ)はケルベロスではなくキメラ説

2021年4月24日

【ワンピース考察】黒ひげ(ティーチ)はケルベロスではなくキメラ説
考える人

ワンピースの黒ひげ(ティーチ)の秘密が知りたい!

こういった要望に応える記事を用意しました!

本記事の内容

  • ワンピースの考察「黒ひげはケルベロスではなくキメラ説」

世は「大考察時代」!

プロフィール

だってワンピースの話をしてる時が人生で1番楽しいじゃないですか?

本記事は、以下の記事から「黒ひげ(マーシャル・D・ティーチ)」の〝異形な体の秘密について〟抜粋したものになります。

また、当ブログをパクった動画やブログを見かけた方は「CONTACT」か「Twitter」までご連絡いただけると嬉しいです🙇‍♂️

【ワンピース考察】黒ひげ(ティーチ)はケルベロスではなくキメラ説

  • 黒ひげ(ティーチ)はケルベロスの能力者説
  • 黒ひげ(ティーチ)はキメラ(2つの血統因子を持っている)説

上記の説を、その考察の「実現度(星1〜5つ)・根拠・反論」を交えて、時にメタ的に、世界一分かりやすく検証・解説したものです。

黒ひげ(ティーチ)はケルベロスの能力者説

この考察の実現度

★☆☆☆☆

この考察の根拠

  • ①:黒ひげ海賊団の海賊旗(25巻236話)
  • ②:ケルベロスは交代で眠る
  • ③:甘い物好き

この考察への反論

  • ①:シリュウのセリフ(59巻577話)
  • ②:あと2つ追加できるってチート過ぎ
  • ③:欠けた歯の位置が違うなら獣型のとき
  • ④:五老星のセリフ(60巻594話)

「ティーチ(黒ひげ)はイヌイヌの実・幻獣種・モデル:ケルベロスの能力者説」これは超有名な考察の1つですよね。ここで今一度「ケルベロスと黒ひげ」について整理してみましょう。

ケルベロスとは

  • ギリシア神話に登場する犬の怪物
  • 頭首が3つある
  • 3つの頭が1つずつ交代で眠り、残る2つの頭で常に見張りをしている
  • 甘い物が大好き

続いて「黒ひげの謎」は下記です。

ティーチの謎

  • なぜドラム王国を滅ぼしたのか?(15巻133話)
  • ルフィとゾロのセリフ「あいつじゃねェ…あいつらだ……」(24巻225話)
  • ドクロマークが3つの海賊旗(25巻236話)
  • エースのセリフ「人の倍の人生を歩んでる」(45巻440話)
  • 「ヤミヤミとグラグラ」2つの能力を宿している(59巻577話)
  • マルコのセリフ「体の構造が異形」(59巻577話)
  • バギーのセリフ「生まれてこの方一度も眠った事がねェんだとよ」(96巻966話)
  • 欠けた歯の位置が違う(作画ミスの可能性もあり)

「黒ひげ:ケルベロス説」をまとめると、こんなところでしょうか。

ケルベロスと黒ひげ

  • 頭首が3つある:海賊旗のドクロマーク3つ=欠けた歯の位置が違う
  • 3つの頭が1つずつ交代で眠る:眠った事がない=人の倍の人生を歩んでる
  • 甘い物が大好き:ティーチの好物はチェリーパイ

確かに根拠としては充分過ぎるほど揃っていますね。

ケルベロスは頭首が3つあるので、ドクロマークが3つの「黒ひげ海賊団」の海賊旗を表していますし、3つの顔があるなら「欠けた歯の位置が違う」のも、それっぽいですよね(単純に作画ミスの可能性もあり)。

ケルベロスは3つの頭が1つずつ交代で眠るので、眠らなくても大丈夫なのも納得です。実際に26年前のシャンクスもこう言っています(96巻966話)。

人生〝倍〟楽しいのかな!!
シャンクス

また、ケルベロスは「地獄の番犬」なのですが、甘い物が大好きなので「甘い物を与えれば、それを食べている間に目の前を通過する事ができる」と言われているそうです。

24巻223話のティーチの初登場は「チェリーパイを食べるシーン」でした。VIVRE CARDにも「好物:チェリーパイ」とあります。

しかし、反論も充分過ぎるほど出来ます。「黒ひげ:ケルベロス説」の考察を要約すると、こうです。

まず、ティーチは「①イヌイヌの実・幻獣種・ケルベロス」を食べました。ケルベロスは3つの頭があるので、他にも2つの悪魔の実の能力を宿す事ができる様になりました。

そして、「②ヤミヤミの実」を手に入れ、白ひげの「③グラグラの実」までも宿す事ができたのです。

こう仮定すると、ティーチは悪魔の実を「フルコンプ」した事になります。気持ち良いですよね。

悪魔の実フルコンプ

  • ①:ケルベロス(動物系)
  • ②:ヤミヤミ(自然系)
  • ③:グラグラ(超人系)

しかし、既に悪魔の実を2つ食べていたのなら、59巻577話のシリュウのセリフが引っ掛かります。

失敗したら解散か……?おれ達は
シリュウ

おそらく「悪魔の実の能力を2つ宿す事」を言っていると思われます。「グラグラの実」が3つ目なら心配いりませんよね。「死者から悪魔の実の能力を奪う事」を言っているとも取れますが、ダメなら別の道もあるはず。

それに頭が3つあるから、悪魔の実をあと2つ食べられるなんて・・・動物系(ゾオン)にそんな特殊能力あるんでしょうか?

〝欠けた歯の位置が違う〟のも「獣型」か「人獣型」の時なら分かりますが、完全な「人型」の状態で入れ替えられるとは思えません。ティーチが動物系(ゾオン)である片鱗が未だに一切描かれて(匂わせて)いないのも不自然です。

また、この考察は「悪魔の実の能力が脳、または頭に宿る」という前提に基づいています。

悪魔の実の能力はどこに宿る?

  • ①:脳
  • ②:心臓
  • ③:魂

「ケルベロスは心臓が3つある」とよく聞きますが、ソースはどこなんでしょう?「黒ひげ:ケルベロス説」を提唱しているサイトでしか見た事がありません。

極めつけは60巻594話での五老星(ゴルバチョフ似)のセリフです。

〝悪魔の実〟を二つ食べた人間など歴史的に前例がない
五老星のゴルバチョフ

歴史の全てを知っていそうな五老星なら「ケルベロスの実」の能力者の前任者も知っているはず。

いずれにせよ最近になって「悪魔の実の能力が体のどこに宿るか」が分かってきました。「血統因子」です。こっちの世界で言う「DNA」のようなものでしょう。

血統因子とは

  • 若き日のDr.ベガパンクが発見した(70巻698話・84巻840話)
  • 人造悪魔の実「SMILE」の元「SAD」は血統因子の応用によるもの(70巻698話)
  • いわば「生命の設計図」(84巻840話)
  • ジェルマの「複製(クローン)兵」や「改造人間」とも関係がある(84巻840話)

ちなみに、サンジはソラがこの血統因子に影響を及ぼす程の「劇薬」を飲んだ事で生まれた〝失敗作〟です(85巻852話)。

ワンピースの世界では、トムさんの弟であるデンが「遺伝子」について言及するシーンがありました(63巻616話)。

魚人は魚人の 人魚は人魚の古〜〜い記憶を遺伝子に宿している
デン

「DNA」と「遺伝子」はよく混同されますが、簡潔に言うと下記です。

遺伝情報をもっているDNAの一部(領域)のことを遺伝子と言う。

では、悪魔の実の能力はこの「血統因子(DNA)」に宿ると仮定して、次の説「黒ひげ:キメラ(2つの血統因子を持っている)説」を続けます。

ちなみに、シャンクスの左目につけた3本の傷は「ケルベロスの爪」によるものとされてきましたが(ケルベロスの爪は4本)、65巻645話の回想シーンで「鉤爪」をつけたティーチが確認できます。96巻の表紙では右手に付けていますね。

黒ひげ(ティーチ)はキメラ(2つの血統因子を持っている)説

この考察の実現度

★★★★☆

この考察の根拠

  • ①:1つの体に2つの遺伝情報を持つケースは現実に存在する
  • ②:ドラム王国は医療大国
  • ③:ティーチの謎がことごとく解決できる
  • ④:ティーチの母と妹

この考察への反論

  • ①:イッシー20のいないドラム王国(15巻133話)
  • ②:黒ひげ海賊団の海賊旗(25巻236話)

「黒ひげ:キメラ(2つの血統因子を持っている)説」はティーチの謎をことごとく解決します。まず「キメラ」とは下記です。

生物学におけるキメラ(chimera)とは、同一の個体内に異なる遺伝情報を持つ細胞が混じっている状態や、そのような状態の個体のこと。平たく言うと「異質同体」である。ギリシア神話に登場する生物「キマイラ」に由来する。
Wikipedia

要するにティーチは「1つの体に2つの血統因子を持っている」という事です。この現象は現実世界にも存在し、「10万分の1以下の確率」で起こりえます。

ヒトだけでなく、動物や植物にも見られますが、ヒトの場合は「子宮の中で双子のきょうだいと融合した」ケースが確認されています。

もう一度、ティーチの謎を振り返ってみましょう。

ティーチの謎

  • なぜドラム王国を滅ぼしたのか?(15巻133話)
  • ルフィとゾロのセリフ「あいつじゃねェ…あいつらだ……」(24巻225話)
  • ドクロマークが3つの海賊旗(25巻236話)
  • エースのセリフ「人の倍の人生を歩んでる」(45巻440話)
  • 「ヤミヤミとグラグラ」2つの能力を宿している(59巻577話)
  • マルコのセリフ「体の構造が異形」(59巻577話)
  • バギーのセリフ「生まれてこの方一度も眠った事がねェんだとよ」(96巻966話)
  • 欠けた歯の位置が違う(作画ミスの可能性もあり)

「悪魔の実」には詳しいティーチですが、自身の体の「謎」には昔から悩んでいたのではないでしょうか?

そう仮定すると、63巻618話のSBSで描かれた「子供の頃のティーチが月明かりの下で泣いていた理由」は「なぜ自分だけ眠れないのか」かもしれません。

また、黒ひげ海賊団が訪れたドラム王国は「医療大国」でした(15巻136話)。

何て事なかろう我らが『医療大国ドラム』の優秀な医師達の医療技術をもってすれば
ドルトン

チョッパーという船医が仲間になった国であり、「イッシー20」以外にも「Dr.くれは(ドクトリーヌ)」や「Dr.ヒルルク」まで輩出しています。

ティーチはドラム王国で「自分の体の構造」を調べ、キメラである事を突き止め、その後滅ぼしたのではないでしょうか(滅ぼしたと言っても被害が国全体に及んでいないのは、情報漏洩を防ぐために医療機関だけを狙ったから?)

しかし、医者に用があるならワポルと一緒に逃げた「イッシー20」を追うべきですよね(まさかドラム王国に残された唯一の医者が・・・?)。

とはいえ、ティーチの中に最低2つの血統因子が存在しているとすれば、「ヤミヤミ」と「グラグラ」2つの能力を宿せる理由になりえます。

ここからはワンピースの世界において「キメラ」ってこうなのでは?という仮説です(キメラをもじった名称になるはず)。

ワンピースの世界のキメラってこんな感じ?

  • 2つの血統因子の影響で、悪魔の実の能力を2つ宿せる
  • 2つの血統因子の影響で、眠らなくてもいい体になる
  • 二重人格のように周囲の人間にも異変は感じ取れる
  • 時に見た目に表れる

こう仮定すると、下記は全て解決できるのではないでしょうか?

解決されるティーチの謎

  • なぜドラム王国を滅ぼしたのか?(15巻133話)
  • ルフィとゾロのセリフ「あいつじゃねェ…あいつらだ……」(24巻225話)
  • エースのセリフ「人の倍の人生を歩んでる」(45巻440話)
  • 「ヤミヤミとグラグラ」2つの能力を宿している(59巻577話)
  • マルコのセリフ「体の構造が異形」(59巻577話)
  • バギーのセリフ「生まれてこの方一度も眠った事がねェんだとよ」(96巻966話)
  • 欠けた歯の位置が違う(作画ミスの可能性もあり)

自分自身も能力者であり、白ひげの船で色んな「人間」を見てきたマルコが言う〝異形〟が「悪魔の実の能力によるもの」を言っているとは考えづらいですよね。そもそも異形ばかりですし。

〝普通の人間〟ならば…絶対に無理だよい だがお前らもよく知る様にティーチは少し違う…!!
体の構造が…〝異形〟なんだよい!!それがこの結果を生んだのか………!!?
マルコ

残すは「海賊旗の3つのドクロマークの謎」くらいです。3つの血統因子を持っているなら、あと1個いけますね。

極めつけは「ONE PIECE magazine Vol.8」のティーチの「設定画」です。

ティーチの設定画にあった

  • 黒ひげの母
  • 黒ひげの妹(礼儀正しい・あいさつ・お礼の文字)
  • エースの驚いた顔

ティーチの母と妹が本編に登場するとは思えませんが、上記が「ティーチの出生の秘密を表している」としたらどうでしょうか。

つまり、もう1つの血統因子は「ティーチの妹」の分で、ティーチの母が「ティーチを生んだ時の様子」が過去編で描かれるという事です。

エースもティーチの体の異変には気づいていたでしょうから、敗北後のバナロ島で体の秘密の一端くらいは聞かされていたのかもしれません(死ぬ前に教えてやろう的な)。

まとめ

他にも「ワンピース考察」が読みたい方は↑をどうぞ。

人気記事FODプレミアムに無料で登録する全手順を12枚の画像で解説!

人気記事【ワンピース】ファンブック(関連書籍)公式298冊まとめ

人気記事【ワンピース】に関する記事一覧【ONE PIECE最新まとめ】

-ONE PIECE
-

© 2021 ブログの神様|THE GOD OF BLOG