ONE PIECE

ワンピースの都市伝説36選【10年以上前から存在する考察のみを厳選】

ワンピースの都市伝説36選【10年以上前から存在する考察のみを厳選】

㉑:25巻の表紙は未来の四皇を暗示している

ONE PIECE 25巻の表紙
ONE PIECE 25巻

24巻でティーチが初登場したので、これが表紙で「未来の四皇」を示唆できる最速だったわけですね。当時の四皇は次のとおり。

当時の四皇

  • ①:エドワード・ニューゲート
  • ②:カイドウ(未登場)
  • ③:シャーロット・リンリン(未登場)
  • ④:シャンクス

2年前の頂上戦争で白ひげに代わって、黒ひげが四皇入り(62巻650話)。

そしてホールケーキアイランドに乗り込み、四皇幹部を2人も倒し、無事生還したルフィが「5番目の海の皇帝」と呼ばれるようになりました(90巻903話)。

五皇

  • ①:カイドウ
  • ②:シャーロット・リンリン
  • ③:シャンクス
  • ④:マーシャル・D・ティーチ
  • ⑤:モンキー・D・ルフィ

25巻(2002/09/09発売)から90巻(2018/09/09発売)まで、実に16年かけて「この都市伝説」に近づいていたわけですね。

そして1053話で現実のものとなりました。

新四皇

  • ①:シャンクス
  • ②:マーシャル・D・ティーチ
  • ③:モンキー・D・ルフィ
  • ④:バギー

ひときわ意外なバギーにはこんな伏線もありましたね。インペルダウン脱獄後、LEVEL6の凶悪な囚人たちの心を掌握したカリスマの発言です。

56巻549話
56巻549話

とはいえ、25巻の表紙にはまだ考察要素があります。

3つの謎

  • ①:シャンクスだけ口を閉じている
  • ②:紙を食べるセンゴクのヤギ
  • ③:親方

続きは以下をどうぞ。

㉒:Dは半月(月の民とのハーフ)を表している

Dの意味

  • ①:半月のD
  • ②:笑う口のD
  • ③:頭文字D
  • ④:Dに意味はない(王国の称号)

一番有名な都市伝説が「半月」の〝D〟です。

この都市伝説の根拠

  • ①:ワンピースと月は多くの接点がある
  • ②:Dの一族に巨人がいるのも納得
  • ③:Dの意志と呼ばれる理由も納得
  • ④:Dが大物ばかりなのも納得

なぜ〝D〟が「半月」なのか。

「月の民と青色の星の民」のハーフだから「半月」
〝Dの一族〟とは「月の民と青色の星の民」の混血。

ワンピースで「月」と言えば、真っ先に思い浮かぶのが、扉絵『エネルのスペース大作戦』ですよね。

概要

月の地下には都市があり、電気で動く兵士がおり、壁画によって翼を持った〝月の人〟が資源不足で青色の星へ飛んだ歴史が明かされました。

〝月の民〟が青色の星へ飛んだ「その後のエピソード」が本編(過去編)で描かれるのは間違いないでしょう。

太古の昔、青色の星へ降り立った「月の民」は「青色の星の民」と結ばれ、ハーフ(子供)が誕生したのではないでしょうか。そう仮定すれば〝Dの一族〟に「巨人族」がいるのも納得できます(交配の謎は残りますが)。

また、現代を生きる〝D〟はハーフではないので〝Dの意志〟と表現されているのかもしれません。

尾田先生の敬愛する鳥山明先生の『ドラゴンボール』の主人公「孫悟空」は地球人ではなく、戦闘民族・サイヤ人(カカロット)でした。

そして地球人・チチとの間に誕生した地球人とサイヤ人のハーフ(混血)である「孫悟飯」は生まれながらに驚異的な潜在能力を秘めていました。そう考えると〝Dの一族〟に「大物」が多いのも納得できますよね。

また、31巻292話のサブタイトルも気になります。

〝あふことは片われ月の雲隠れ〟

400年前、ジャヤの半分が「突き上げる海流(ノックアップストリーム)」で空島「スカイピア」に飛ばされたことで、再会を果たせないまま死んだ「カルガラとモンブラン・ノーランド」を想い謳われた歌ですが、

逆に、月から異星に降り立ち、争いが起こり敗れ、死んでいった人々(純血)が、残した子供達(混血)を想い謳われた歌と考えると・・・シャンディアの運命と重なって、何だか切ないですよね(すべて妄想)。

元ネタ:柿本人麿の和歌〝逢ふことは片割れ月の雲隠れおぼろけにやは人の恋しき〟
訳:半月が雲に隠れたように会いたい人とは会えない、ああ会いたい

極めつけは、27巻の表紙です。ルフィが翼をつけて、ウインクしています。「翼は月の人、ウインクはハーフ」を示唆しているのでしょうか。

とはいえ、筆者はDの一族は「ある巨大な王国」に住んでいた青色の星の人間だと考えています。月の民は次の3種族で確定でしょう。

月の民

  • ①:スカイピア(翼が上向き)
  • ②:シャンディア(翼が上向き)
  • ③:ビルカ(翼が下向き)

翼の生えた種族(もしくは翼の装飾品をつける文化がある)ですね。「OPと月」は以下で徹底的にまとめています。

都市伝説「Dは半月(月の民とのハーフ)を表している」の完全版は以下をどうぞ。

㉓:Dは笑う口を表している

この都市伝説の根拠

  • ①:Dは死ぬ時に笑う場合が多い
  • ②:Dは血縁とは限らない
  • ③:Dと笑顔は関係ありそう

「Dは死ぬ時に笑う」。ローグタウンでバギーに処刑されそうになったルフィが死を覚悟した時に、ロジャーのように笑ったことで注目され、サウロとエースで確信に変わった感がありましたよね。

死ぬ時に笑ったD

  • ゴール・D・ロジャー(1巻1話)
  • (死んでないけど)モンキー・D・ルフィ(11巻99話)
  • ハグワール・D・サウロ(41巻397話)
  • ポートガス・D・エース(59巻574話)

しかし、白ひげに殺されそうになったティーチは、笑うどころか命乞いをしていました。

ロジャーから「〝D〟とは何なのか」聞かされていた白ひげは、そんなティーチにこう言っています。

59巻576話

お前じゃねェんだ……… ロジャーが待ってる男は…少なくともティーチ お前じゃねェ…
エドワード・ニューゲート(白ひげ)

続けて、こうも言っています(ティーチ、ショックだったろうなw)。

同話

ロジャーの意志を継ぐ者達がいる様に いずれエースの意志を継ぐ者も現れる… 〝血縁〟を絶てど あいつらの炎が消える事はねェ… そうやって遠い昔から脈々と受け継がれてきた………!!
エドワード・ニューゲート(白ひげ)

つまり、ロジャーが待ってる〝D〟は命乞いなんてする奴じゃない。〝D〟は「血縁」とは限らない。とも取れますよね。

同時に「半月の〝D〟説」も崩れてしまった感がありますが、少なくとも「笑う口の〝D〟」ではなさそうです。

死ぬ時に笑うのは「残した人達を心配させないため」もしくは「(心残りはあれど)くいのない人生を送れた証拠」ではないでしょうか。

死ぬ時に笑ったキャラ

  • ベルメール(9巻78話)
  • Dr.ヒルルク(16巻145話)
  • コラソン/ドンキホーテ・ロシナンテ(77巻767話)
  • 光月おでん(96巻972話)

とはいえ、最後の島「ラフテル」は〝莫大な宝〟を前にロジャーが笑ったことから、自ら「笑い話(Laugh Tale)」と名付けた島です。

「Dと笑顔」には何らかの関係がありそうです。

㉔:DはDevilを表している

この都市伝説の根拠

  • ①:頭文字だと考えるのが普通

最後は、〝D〟は何かしらのイニシャル(頭文字)ではないか?という都市伝説です。そう考えるのが普通ですよね。

頭文字D

  • ①:Dawn(夜明け)
  • ②:Devil・Demon(悪魔)
  • ③:Dream or Destiny(夢か運命か)

1つ目は「Dawn(夜明け)」の〝D〟です。ワンピースにおいて「ドーン!」は〝お決まりの効果音〟ですが、重要な言葉でもあるんです。

サブタイトル

  • 1話:ROMANCE DAWN ―冒険の夜明け―
  • 601話:ROMANCE DAWN for the new world ー新しい世界への冒険の夜明けー

ワンピースの記念すべき第1話のサブタイトルは『ROMANCE DAWN ―冒険の夜明け―』。

大きな挫折を経験したルフィが2年後に改めて「海賊王になる!!」と誓った601話が『ROMANCE DAWN for the new world ー新しい世界への冒険の夜明けー』。

そして、世界の秘密を知った光月家とミンク族は数百年間「世界を夜明けへと導く者達」を待っていました。「Dawn(夜明け)」が重要なキーワードであることは明らかです。

また「ある巨大な王国」の名が「ドーン」ではないか?とも言われています。

41巻395話

その脅威が何なのかは解き明かさねば わからんが全ての鍵をにぎる かつて栄えた その王国の名は(ドォン!!)
クローバー

銃声によって明らかにされませんでしたが、この「ドォン」という銃声がそのまま「名前」ではないか?という都市伝説です。面白いですよね。

尾田先生の仕掛けそうなギャグにも見えますが、Dの一族が「DAWN王国」の末裔なら、イニシャルでもおかしくないはず。

とはいえ、反論もあります。ルフィの育った「フーシャ村」のある島が「ドーン島」という名前であることが60巻589話で明かされました。

41巻395話

かつては強大な力を誇った様だが その国の情報は執拗なまでに かき消されておる
クローバー

かつて「ドーン」という名の王国があったとしたら、それは「ドーン島」にあったはずです。

だったら島の名前も変えますよね?800年前に。執拗なまでにかき消してるんだから。

2つ目は「Devil・Demon(悪魔)」の〝D〟です。悪魔の実と言うくらいですから「悪魔」の概念はあるわけです。

悪魔とは「神の敵対者」つまり「天竜人の敵対者(= ある巨大な王国)」となって辻褄も合います。

しかし、そう仮定すると空白の100年の争いに勝利し、後に自らを「神」とした天竜人が、敵対者にわざわざ〝D(悪魔)〟と名付けて、その意志を繋いだことになってしまいます。

ある巨大な王国が「お前達が神と名乗るなら、私達は悪魔で構わない!!」と皮肉を込めて言ったのなら話は別ですが。

しかし、滅ぼされた「ある巨大な王国」が〝悪〟の可能性も0ではないんですけどね、0かな。

3つ目は「Dream or Destiny(夢か運命か)」の〝D〟です。これはルフィの故郷「フーシャ村」の村長ウープ・スラップの意味深なセリフからです。

11巻96話

………〝夢〟か〝運命〟か…………
ウープ・スラップ

ウープ・スラップが何かを知っているとしたら「ドーン島」だからなのか。それとも父親が「世界最悪の犯罪者」と知っているから言っただけなのか。

海外では「ウープ・スラップ = ロジャー説」があるとか。理由は「鼻が似てるから」だそうです。似てるかな?(身長めちゃくちゃ縮んでるしw)

77巻764話では元天竜人のドンキホーテ・ロシナンテ(コラソン)がローにこう言っています。

77巻764話

隠し名〝D〟…!!間違いない お前は宿命の種族〝Dの一族〟だ……!!
コラソン(ドンキホーテ・ロシナンテ)

元天竜人なので説得力がありますよね。とはいえ、ワンピースの世界は基本的に1つの言語で統一されています。

「悪魔の実」と呼ばれている以上「悪魔はあくまで悪魔」であって「Devil・Demon」と英語に変換するのは少し違和感があるんですよね。なので「イニシャル(頭文字)説」全般に対して懐疑的であります。

3つの都市伝説を紹介しましたが、筆者は〝D〟には特に意味はないと考えています。

元ネタとして有名なヨーロッパ(特にフランス)の前置詞「de(ド)」または「de(デ)」が〝貴族につく目印〟だったのと同じで「ある巨大な王国の王または貴族」につく目印だったのではないでしょうか。

㉕:天竜人は月の民

この都市伝説の謂れは映画『バロン』でしょう。

サクッとあらすじ

ほらふき男爵バロン(ドイツ人)が少女サリーと共に、離ればなれになった4人の家来を探すため「創造主を名乗る王がいる月」「巨人がいる火山」「南の海の巨大な魚の腹の中」を冒険し、家来と力を合わせて敵国トルコ軍を全滅させました。

映画『バロン(The Adventures of Baron Munchausen)』のあらすじは上記のとおりです。ドイツ民話『ほら吹き男爵の冒険』を映像化したファンタジー作品ですね。

〝天竜人が月の民〟と言われる最大の根拠は「宇宙服」のようなものを着ているからですよね。これが独り歩きしてますが、この宇宙服の元ネタが『バロン』です。

映画に登場する「月の王と王妃」が着ている衣装がまさにそれで、さらに「月の王」は自らを〝創造主(万物の王)〟と名乗るイヤな奴なんです。

月の王と王妃

月の王と王妃

ロズワード聖とシャルリア宮

ロズワード聖とシャルリア宮

バロンが日本で公開されたのは1989年、尾田先生が14歳の頃。ワンピースとバロンの類似点は次のとおりです。

OPとバロン

  • バロン一味が海賊っぽい
  • 家来4人が特殊能力を持っている
  • 特にアドルファスは千里眼の持ち主で狙撃の名手
  • 月に行く
  • 巨人がいる
  • 南の海の巨大な魚に丸飲みされる

ヴァン・オーガーの元ネタは有名ですよね。見た目だけでなく、狙撃手という役職まで同じです。

アドルファス

アドルファス

ヴァン・オーガー

ヴァン・オーガー

その他の黒ひげ海賊団の初期メンバーも『バロン』がモデルかもしれません。

表は横にスクロールできます

バロンワンピース
怪力アルブレヒトジーザス・バージェス
医者に成りすました死神ドクQ

話が逸れましたが、天竜人はこの「月の王」のキャラと衣装をモデルにしただけで、月の民ではないと考えています。月の民と敵対していますし、宇宙服を着るのはむしろ地球人の方ですからね。

バロンは『Amazonプライム・ビデオ』でも観れますよ。

ワンピースのキャラや場所のモデル(元ネタ)を500枚以上の画像で比較した記事は以下をどうぞ。

「月の民」候補はまだまだいますよ(ルナーリア族とか)。

㉖:ドンキホーテ・D・フラミンゴ

本記事において、一番エモい都市伝説がこれです。あの頃(2011年)を思い出します😌

謂れは言うまでもなく、ロジャーが「ゴールドではなくゴール・D・ロジャー」だったことです。では、なぜドフラミンゴだったのか?

57巻556話

57巻556話

ドフラミンゴが何だか「歴史の全て」を知ってそうだったからでしょう。ドンキホーテ〝ド〟フラミンゴって秀逸ですもんね。笑

時は流れ〝D〟ではなく、真逆の「天竜人」だったのは衝撃でした。

㉗:サウロは生きている

この都市伝説の根拠(当時)

  • ①:クザンのアイスタイムカプセル(41巻397話)
  • ②:Dで巨人族という希少性
  • ③:ロビンが喜ぶ

「過去編」では残酷なまでに人が死ぬワンピースですが「現在の時間軸」では亡くなったのは〝白ひげとエース〟が初めてでした。

エースは生きている説も当時さんざん聞き散らかしましたが、最も有名なのが「ハグワール・D・サウロ」でしょう。

根拠は、クザン(青キジ)がサウロに〝アイスタイムカプセル〟という技を使ったことです。

アイスタイムカプセル(41巻397話)

アイスタイムカプセル(41巻397話)

アイスタイムカプセル(41巻397話)

アイスタイム(41巻397話)

その後「アイスタイム」で完全な氷づけにされているのですが〝タイムカプセル〟でコーティングしていると考えれば生きている可能性はありますよね。

当時は〝アイスタイムカプセル〟だけが独り歩きしていて「絶対に生きてる!」「だって〝D〟で巨人だぜ!」「ロビンの救いになるし!!」といったムードでしたが、時は流れ、現在は死んでる説が濃厚です。

この都市伝説の反論

  • ①:VIVRECARDに「享年105歳」とある
  • ②:ブラックマリアの「幻夢」でサウロが出てきた(101巻1020話)

サウロは生きているという展開は、当時は考えられていたけど、現在は「なし」になったのかもしれませんね。

都市伝説「サウロは生きている」のパンクハザード編で生まれた根拠、ヨーキ(ルンバー海賊団の船長)やラミ(ローの妹)は生きている説は以下をどうぞ。

㉘:空白の100年は古代兵器で滅びた

これは実在する都市伝説が謂れかもしれません。

古代核戦争説

四大文明(メソポタミア、エジプト、インダス、中国)以前に「超古代文明」が栄えていて、人類は核戦争によって一度滅亡している。

この都市伝説が『ONE PIECE』に落とし込まれているのではないか?と言われていました。ワンピースなら「空白の100年」ですよね。

とはいえワンピースの世界の歴史は、5,000年前の「全知の樹」や、4,000年前の「アルバーナ宮殿の建造」など文明は今も残っているので、古代兵器で滅びたとすれば〝ある巨大な王国〟でしょう。

筆者は、古代兵器プルトンが〝ある巨大な王国〟を消し飛ばし、プルトン(アラバスタ王国)を失った政府は「バスターコール」として、それを受け継いだ、と考えていました。

最新情報によると、その説は崩れたと思いますが「プルトンにまつわる説」は全部で〝6つ〟あるので、よかったらどうぞ。

「空白の100年の歴史の真実」は以下をどうぞ。

㉙:ワンピースには宇宙編がある

ワンピースには宇宙編がある、ラフテルは月にある。これもメジャーな都市伝説ですよね。

3つの理由

  • ①:マンガの王道
  • ②:エネルのスペース大作戦
  • ③:尾田っちは鳥山明先生を〝神〟と崇めている

尾田先生も大好きな『ドラゴンボール』にも「ナメック星編」がありましたよね。とはいえ筆者は当時、よくこんなことを言っていました。

プロフィール

空島編がDBでいうナメック星。あのくらいの時期に環境を変えたくなるものなのよ。

知ったような口で腹立ちますが、実際に連載時期も似ているんです。

DBとOP

  • ナメック星:21巻(1話15P)
  • 空島:26巻(1話19P)

時は流れて、100巻を超えた現在となっては比べること自体おかしいのですが、タイムリミットを考えると「宇宙編」はなさそうですよね(『ドラゴンボールGT』のように、いつか行く可能性はあるかな🤔)。

また、メタ的ではありますが『JAXA』とのコラボで、サニー号が宇宙に行ってしまったので、原作では行かないとも考えています。

㉚:トラファルガー・ローはドフラミンゴの部下

この都市伝説の謂れは「ドンキホーテファミリーとハートの海賊団」の海賊旗が似ているからです。

頂上戦争の最後に、ロー達はマリンフォードにやって来ましたが、2人は顔を合わさなかったですよね。

ドンキホーテ・ファミリー

ドンキホーテ・ファミリー

ハートの海賊団

ハートの海賊団

時は流れて、ローはドフラミンゴの〝元〟部下でした。

当時の筆者もそれなりに考察していたはずですが「〝元〟ってパターンもあるかー!」と妙に納得し、それ以降、考えるのを辞めました。笑

25巻234話

25巻234話

ドフラミンゴの海賊旗と言えば、白ひげが初登場で打っていた「点滴のマーク」がそれと良く似ています。ローが医者ということもあり、白ひげに裏で何かしているのでは?と言われていました。

何かしらの裏設定はあると思うのですが、本編では明かされそうにないですよね。

次のページへ >

-ONE PIECE
-,

© 2021 ブログの神様|THE GOD OF BLOG